吉行理恵『小さな貴婦人』

吉行理恵『小さな貴婦人』

 

思い出すのは、ある色の猫のことばかり。

チャコールグレーの猫をめぐる女達の話。

その猫は、もういない。

老詩人の猫は33年も前に死んだ。作家の猫も死んだ。郵便局職員の猫は行方不明になった。

しかし今でも、3人とも、チャコールグレーの猫にこだわり続けている。

「いい猫だった」
チャコールグレーの猫の猫を懐かしみ、思い出に浸り、しばしば話題にする。
「あんなにいい猫はいない」

老詩人の家の庭には猫たちが集まる。しかし老詩人の思考回路は、33回忌の今でも、チャコールグレーの猫から離れることができない。そこで思考が完全停止している。33年も思い続けている。

作家は、チャコールグレーの猫の妹猫と一緒に暮らしている。チャコールグレーの猫が生きている間は、妹猫はまったく目に入いらなかった。まともな名前さえなかった。チャコールグレーの猫が死んだ今、少しは妹猫の存在を認識するようになった。ただし、あくまで「チャコールグレーの猫の妹猫」として。兄妹猫を同時に飼っていながら、チャコールグレーの猫ばかりをこれほど贔屓するとは異常としか思えない。

老詩人は親の遺産でつつましく暮らしている。
話すことは支離滅裂で、詩人だから夢見がちなのか、本当に頭がおかしくなってきているのか、よくわからない。

作家は、小説を書いてはいるけれど、原稿料だけでは生活できないので、毛糸売り場に勤めていたが、辞めて、親の援助を受けて生活している。

郵便局職員は、郵便局を止めて、猫雑貨のお店を開いた。

女達は、会うたびに、思い出の中のチャコールグレーの猫をそれぞれに語り、
「いい猫だった」
という。

もっとも、どう良かったのかは、ほとんど語られない。断片的に見えてくるのは、ごく普通の猫である。綺麗なチャコールグレーの毛並みだった。綺麗な目の色をしていた。気持ちが通じ合っていた。
それ以上のことはほとんど語られない。
ただ、
「いい猫だった」
と繰り返されるばかりである。

 

なお、私が持っているのは Sincho On Demand Books版だが、新潮文庫の中古本で検索すれば安く手に入ると思う。

(2008.9.4.)

吉行理恵『小さな貴婦人』

これはオン・デマンド版なので、全体的に紙質はあまり良いとはいえません。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『小さな貴婦人』

  • 著:吉行理恵(よしゆき りえ)
  • 出版社:新潮社 Sincho On Demand Books
  • 発行:2001年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4101254028(新潮文庫)
  • 183ページ
  • 登場ニャン物:トンガ、ダイアナ、キャサリン
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • 猫の殺人
  • 雲とトンガ
  • 赤い花を吐いた猫
  • 窓辺の雲
  • 小さな貴婦人
  •  あとがき

 

著者について

吉行理恵(よしゆき りえ)

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

吉行理恵『小さな貴婦人』

7.5

猫度

9.0/10

面白さ

6.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA