アンドリッチ『子羊アスカの死の舞踏』

世界動物文学全集3

 

「世界動物文学全集3」収録の作品。

なんとも奇妙な作品である。

ヒツジが、思い切り擬人化されている。能力というか肉体的制約も、とりあえず無視されている。
ありえない話となっている。

そして、オオカミ。
こちらは、ケダモノではあるが、と同時に、かなり人間くさい思考回路の持ち主ではあり、だけど、やっぱりオオカミっぽくもあるのである。
最近のDNA調査では、(ジャッカル等との混血ではなく)オオカミこそ唯一の犬の先祖とされたようだし、だとすれば、こういう好奇心を示す飼い犬ならいるなあとも思うのである。
そして、そういう犬がいる以上、オオカミもきっと同じじゃないかとも思うのである。

舞台は、ある山地の急斜面にある牧場。

子羊のアスカはバレエを習っていた。周囲の羊たちの、芸術に対する理解度は低かった。母親羊さえも、最初はいやいやなら仕方なくバレエを習わせたにすぎなかった。しかし、アスカには才能があった。アスカのバレエはめきめき上達した。

そして、ある日、アスカは恐ろしいオオカミに出くわしてしまう。

絶体絶命のアスカがとった行動とは?

幻想的であり得ない話だけど、妙に引き込まれて、一気に読んでしまいました。

(2011.4.15)

世界動物文学全集3

世界動物文学全集3 箱入り、中の本は布張りです。

世界動物文学全集3

2段構えの構成です

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『子羊アスカの死の舞踏』
「世界動物文学全集3」収録

  • 著:イボー・アンドリッチ Ivo Andric
  • 訳:岩淵達治(いわぶち たつじ)
  • 出版社:講談社
  • 発行:1979年
  • NDC:933(英文学)
  • ISBN:(9784061405035)
  • 358ページ(うち、『子羊アスカの死の舞踏』は231-242ページ)
  • 原書:”Aska und der Wolf”
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:ヒツジ、オオカミ

 

目次(抜粋)

ライオン
帰らざる渡り鳥
子羊アスカの死の舞踏
ハリック
解説・藤原英司

 


ショッピングカート

 

アンドリッチ『子羊アスカの死の舞踏』

アンドリッチ『子羊アスカの死の舞踏』
5.5

動物度

8.0 /10

面白さ

5.5 /10

猫好きさんへお勧め度

3.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA