波間信子『ハッピー!』

波間信子『ハッピー!』

 

盲導犬ハッピーの感動マンガ。

香織は22歳の時、スキー事故で失明しました。

成人してからの失明。
人生これからという若さでの失明。
どれほどの絶望だったでしょうか。

それでも、白杖を握りしめて、香織は頑張っていました。
歩数を数えて外出もできるようになっていました。

なのに、信じていた恋人にまで捨てられて・・・

波間信子『ハッピー!』

波間信子『ハッピー!』

生きる気力さえ失った香織を見るに見かねて、親友の希(のぞみ)は香織をむりやり盲導犬協会へ引っ張っていきます。
そこで香織はハッピーという盲導犬と出会います。

ハッピーは、まさに名前の通りの犬でした!

人が大好き、子供が大好き、香織が大好き。ハッピーな犬。
それだけではありません。

まるで幸福が犬の姿をしているようだ・・・

ふれあう人、みなに幸せをうつす

波間信子『ハッピー!』

波間信子『ハッピー!』

ハッピーを知った人は皆生きる勇気を与えられ、幸せになっていきます。
まさに魔法の犬です。

若い香織は、様々な状況で、不安につつまれ、悩み、苦しみます。
若い女性として人並みに恋もしたい。
結婚もしたいし子供も生みたい。
でも、目が見えない・・・!

そんな香織を常に支えるのがハッピーです。

ひたすらに愛することの尊さ。信じることの偉大さ。全力を尽くすこと。助け合うことの大切さ。命の価値。優しい心。いたわる気持ち。
それから、希望を捨てないこと!
決して決して希望を捨てないこと!

波間信子『ハッピー!』

波間信子『ハッピー!』絶望の淵にいた香織は、ハッピーに出会えたことで、また歩き出す力を、生きる希望を取り戻す。

私は、このマンガは動物マンガ最高傑作のひとつだと思っています。

特に若い頭に読んで欲しい。
私が大臣なら全国の小学生に強制的に読ませたいくらいです。
マンガとはいえ、この本には人生で学ぶべき大切な要素が全部つまっています。
下手な教科書を読むよりよほど勉強になるはずです。

もしまだご存じない方がいらっしゃいましたら、どうぞ手にとって見てください。
レディースコミックですが、老若男女関係なく、誰でも楽しめると思います。
ハンカチの用意をされた方が良いかも知れません。

読後感は実にさわやかです。涙を流したとしてもそれはすがすがしい感動とうれし涙です。

ハッピーは登場人物だけでなく、読者にも幸せをばらまいてくれるのです。
だんぜんお勧めです。

(2006.10.11.)

波間信子『ハッピー!』

波間信子『ハッピー!』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ハッピー!』
副題、シリーズ名など

  • 著:波間信子 (はま のぶこ)
  • 出版社:講談社「BE LOVE」
  • 発行:1995年(第1巻)~
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:4063177238 9784063177237
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:ハッピー、アロマ、他犬たち

 


ショッピングカート

 

波間信子『ハッピー!』

波間信子『ハッピー!』
9

動物度

8.5 /10

面白さ

9.5 /10

猫好きさんへお勧め度

9.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA