いさやまもとこ『ねこモコぐうすか』『ねこモコぽかぽか』

いさやまもとこ『ねこモコぐうすか』

 

猫も人も、生きている子もお空に行った子も、ふつうに話し合っているマンガ。

【推薦:まり様】

『ねこモコぐうすか』『ねこモコぽかぽか』
猫は喋るし、モコちゃん(作家)は裸だし、猫の名前も「うんこちゃん」だし・・・。
でもはまると抜け出せないモコワールド。

強いメッセージを含むマンガでもあります。

(2003.6.24)

と、ご紹介を受けたので、購入しました。
『ねこモコぐうすか』の方だけです(すみません)。

まり様のかかれている通り、まず、主人公のモコちゃんは、裸です。
胸ぺったんこで、いつも白いパンツだけをはいていて、おかっぱ頭、約2.5頭身の、幼児体型。

私は最初、てっきりモコちゃんは幼女の設定だと勘違いしてしまいました。
猫たちと自由に会話している点も幼児っぽいし、巻頭の写真も幼女と猫ですし。

でも、モコちゃんは、立派な大人、プロの漫画家さんなんです。
編集者や獣医さんと会うときも、絵の中ではすっぽんぽんの裸ん坊ですけれど、成人女性です(笑)
(もしこれが現実だったらタイヘンだぁ~笑x笑)

更に目立つ特徴は、目の大きさ。
巨大です。
いわゆる少女マンガ的な、お星キラキラまつげバタバタ系ではありません。
ぐりんっと丸い目が、顔幅からはみ出すように描かれています。
そして、すべての線が太い。
細めのサインペンで書いたような、はっきり黒々とした線です。

初めて本を開いた時、「ドンッ」という音が聞こえたような気がしました・・・
絵が「ドンッ」って。

いさやまもとこ『ねこモコぐうすか』

いさやまもとこ『ねこモコぐうすか』

ストーリーは、

第一話でいきなり、愛猫「うんこちゃん」が死んでしまいます。
こういう展開の場合、前の猫を懐かしみつつ次の猫を迎えるのがふつうで、『ねこモコぐうすか』でも定番通り、つぎの猫を迎えますが、前の猫も登場し続けます。
思い出の中、とかではなく、生きてそこにいるかのように。頭に天使の輪・背中に羽を生やしている以外、ごくふつうに生きている猫のように。

この天使猫「うんこちゃん」は、モコちゃんにも、新しい猫ドロちゃんやシャー・フーちゃんにも、ふつうに見えています。
そしてふつうに会話しあいます。猫も人も関係なく。

好き嫌いの分かれる絵だと思います。
独特な雰囲気、独特な語尾(たとえばうんこちゃんは「なんていう名前なのよなの?」等と話します)。
まさに独特な世界。

はまる人は、はまりすぎて抜け出せないかも?

ところで、私自身は。
絵のコラムの横に、別の話題や話が書いてあるんですね。
その中の『シャー・フー大脱走事件』。
これが、本編のマンガより面白かった・・・と書いたら怒られるだろうなあ・・・でも本当に、一番面白かったんですもん。
ごめんなさい。

(2003.8.8.)

いさやまもとこ『ねこモコぐうすか』

マンガ本編(中央部)の両脇のコラムで、説明や雑談、ときには連続した話が紹介されている。『シャー・フー』脱走事件はNo.10(20ページ分)もの長さ。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ねこモコぐうすか』
ねことおしゃべり365日

  • 著:いさやまもとこ
  • 出版社:小学館
  • 発行:1998年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:4093963312 9784093963312
  • 243ページ
  • 登場ニャン物:うんこちゃん、ドロちゃん、シャー・フー、いもちゃん
  • 登場動物:

 


ショッピングカート

 

いさやまもとこ『ねこモコぐうすか』

8.1

猫度

9.8/10

面白さ

7.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA