こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

 

おとぼけ雄はぐはぐと、楽しい仲間たち。

連載中はずっと、店頭で立ち読みしていました(汗)

その後、田舎に引っ越して、本屋の実店舗から遠くなり、本はもっぱらネット通販で購入するようになって、しばらくはぐはぐと会えずにいました。

しばらく後に、やっぱり会いたくなって、本を購入しました。
ということで、私が持っているはぐはぐは、『初恋編』『激闘編』『はぐはぐ二世誕生編』『なかよし家族編』『いたずら仲間編』の5冊です。
ACTION COMICS「はぐはぐ」全16巻(1992-2001年発行)を再編集したものです。

はぐはぐの家族は、
人間=お父さん、お母さん、女の子
猫=はぐはぐ、キジ、マルコ、チャウ(連載中に家族に)
ほか=犬のパル、ニワトリのピー太(ヒヨコから大人に成長するまで)

こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

そして、外にいっぱいお友達がいます。
片思いの相手も、ライバルも、知らない猫もいます。
このマンガが描かれたのは昭和、まだ外出自由猫が多かった時代です。
皆、当然のように、外を自由に歩いています。
野原があり、木があり、茂みがあり、車は少ない。
のどかな風景です。

こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

のほほん呑気なはぐはぐ。
立派な雄ですが、ボス猫ではないし。
外をほっつき歩いていますが、家に帰れば暖かい寝床とごはんが待っているし。
女の子を好きになったり、好みじゃない雌にいいよられたり。
秘密の場所を知っていたり、ニワトリと仲良くなったり。

ユーモアの中に温かみがあふれています。
大笑い、ではなく、ついニッコリうふふと微笑むようなエピソードの数々。

こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

でも猫についての知識はしっかりしています。
何と言っても、猫マンガ家・こなみかなた氏と、猫博士・沼田朗氏のコラボなのですから。
猫について、ウソやデタラメは描いていません。
それどころか、覚えておくと役に立ちそうな猫知識が、あちこち出て来ます。
猫同士を仲良くさせるコツとか。
猫の順位についてとか。
猫のことで、ぜひ理解して欲しいこととか。

どの回も面白いのですが、私がとくに好きなのが、子猫のチャウが拾われる話(『なかよし家族編』その11「ヘンなネコ突然!?」~)。
娘さんが拾ってきた子猫を見て、お父さんお母さんもただちに家族と迎える決心をしてくれます。
そしてすぐに獣医さんの診察を受けさせます。

そのシーンがなかなか良いのですよ。

「寄生虫もいないようですし
健康面では問題ありませんね

ただ・・・」

「ただ?」

「この眼

このコはかなり視力が弱いようですよ

それに
発育の仕方が
ちょっと普通じゃないですね

この先
ネコとしてはけっこう風変りな
体型になると思いますよ」

「あらまあ!」
「そりゃ困ったな」

「困るほどの
問題じゃ
ありません

こういうコは
飼ってて楽しい
面白味のある
ネコに
なりますよ」
『なかよし家族編』その13「獣医さんキライ」より

お父さんお母さんは「困ったな」なんて言ってますが、笑顔のままで、本気で困っている様子は微塵もありません。
まして獣医さんの方は満面の笑みで、(どんなコに育つか楽しみ~)の内心、丸出しって感じです。

目に少し問題があって風変りな体型・・・はぁい!
我が愛猫トロが、まさにそれではありませんか(ハート)。
そして、トロほど楽しく面白味のある猫は、そうそういません!

こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

ついでに言えば、同じ『なかよし家族編』の、その14「優劣の掟」でも、思い当たる表記が。

ネコの優劣関係は
新入りが一番下に
なるとは限らない

生まれつきの
素質によるものの
ようで
小さい子ネコが
一番デカい面してる
場合も多いのだ

こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

我が家もその通りでございます。
素質に関係なく、子猫は常に一番デカい面をし、そして、大人猫たちの間では、体が一番小さいハナが、一番デカい面をして威張っています。

猫と暮らしている人なら、誰だって、「あ、うちの子と同じ!」という場面があるのではないでしょうか。
また、「あの行動はそういう意味だったのか!」という気づきも多々あるのではないかと思います。

猫たちはとてもよく描かれていますし、表情は豊かで、とくに目の「にま~」が面白可愛く、どんな悪戯シーンでも憎めにゃ~い♪
実におすすめの猫マンガにゃのでございます。

こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

こなみかなた『はぐはぐ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『はぐはぐ』
『初恋編』『激闘編』『はぐはぐ二世誕生編』『なかよし家族編』『いたずら仲間編』

  • 著:こなみかなた
  • 原作:沼田 朗
  • 出版社:双葉社
  • 発行:2005-2006年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784575725674(初恋編)
  • 登場ニャン物:はぐはぐ、キジ、マルコ、チャウ、パンピー、ミーコ、ロミオ、茶ブー、サムライ、はぐ子、アラクレ、ボテ子、他多数
  • 登場動物:パル(テリア犬)ほか犬たち、にわとり、ほか

 

著者について

こなみかなた

長野県出身。大学4年生の頃に、「人生のうち一度は漫画を描くという仕事をしてみたい」と思ったとか。1982年『なかよしDX』(講談社刊)「プチねこジャムジャム」でデビュー(デビュー作にして連載は5年間に及ぶ)。ネコファンにはたまらない、愛らしいネコ特有の描写には定評があり、「チーズスイートホーム」(現在『モーニング』講談社刊にて連載)も大ヒット中である。代表作「はぐはぐ」(双葉社刊)「ふくふくふにゃーん」(講談社刊)「チーズスイートホーム」(講談社刊)。


ショッピングカート

 

こなみかなた『はぐはぐ』

9.6

猫度

9.9/10

面白さ

9.5/10

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA