山岸凉子『赤い髪の少年』

山岸凉子『赤い髪の少年』

 

「黒のヘレネー 山岸凉子全集31」収録。ジュール・ルナール原作「にんじん」

ルナールの古典的傑作『にんじん』を原作とする短編まんが。

『にんじん』の中でも特に印象的な2章節が取り上げられている。
にんじんが銀貨を無くす章と、猫を殺す章である。
原作では猫を殺す章が先にきているが、山岸氏は順序を入れ替えている。

原作のにんじんは、生意気で減らず口、しかし(その気にさえなれば)学問は良くできる少年だが、山岸版のにんじんは、気が弱く、孤独で無力な、すぐ涙ぐむ少年である。

山岸版『にんじん』は、エマニュエルおじさんの目から語られる。
パリ大学院に在籍中のインテリで、にんじんに深く同情している。

おじさんはルビック氏(にんじんの父親)に言う。

『ねえジャン
きみたち夫婦はそれでもいいだろ
おたがいあきらめて口もきかずにいれば

だけどにんじんはそうはいかないんだ
子どもなんだよ

(中略)
きみたちふたりのひずみは
にんじんがひとりで背負っているんだよ』

夫婦の、さらに家庭全体のひずみを、たったひとりで背負わされている、それが、にんじん。
まだ小さな男の子なのに。

にんじんは、母親の陰謀で、ひとり芝居にいけなかった。
それどころか、猫を殺さなければならないような状況に追い込まれてしまう。
泣きながら猫を殺すにんじん。
そのショックで、寝込んでしまうにんじん。

にんじんは、エマニエルおじさんにだけ、告白する。

『だけど・・・だけどぼくママを
好きになんかなれそうもないもん』

そして尋ねる。

『ねえおじさん
ぼくを・・・愛してる?』

おじさんは即答してくれる。

『もちろんだとも
愛しているよ!』

山岸版のにんじんは、ハッピーエンドである。
・・・と、いうほどではないかもしれないが、救いの光は見えている。

それに対し、原作は無慈悲だ。残酷だ。

『僕、ほんとをいうと、もう、母さんが嫌いになったよ』

訥々と告白するにんじんに対し、父親(ルビック氏)は、

「そんなら、わしが、そいつ(=妻)を愛してると思うのか」
我慢ができず、ルビック氏は、ぶつけるようにいった。

また、

『いいか、にんじん、幸福なんていうもんは思いきれ!ちゃんといっといてやる。お前は、今より幸福になることなんぞ、決してありゃせん。決して、決して、ありゃせんぞ。』

(以上、岸田国士訳『にんじん』岩波文庫より引用)

これではにんじんは救われない。
かわいそうなにんじん。
山岸版で、やっと救われて、なんだかホッとする私である。

(2011.10.10.)

山岸凉子『赤い髪の少年』

山岸凉子『赤い髪の少年』は『黒のヘレネー』に収録されている

山岸凉子『赤い髪の少年』

山岸凉子『赤い髪の少年』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『赤い髪の少年』
「黒のヘレネー 山岸凉子全集31」収録

  • 著:山岸凉子(やまぎし りょうこ)
  • 出版社:角川書店
  • 発行:1988年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:4049230313 : 9784049230314
  • 40ページ
  • カラー、モノクロ、口絵、挿絵、イラスト(カット)
  • 原作:ジュール・ルナール「にんじん」
  • 登場ニャン物:(無名)
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • 黒のヘレネー
  • セイレーン
  • グール
  • 赤い髪の少年
  • かぼちゃの馬車
  • 学園のムフフ


ショッピングカート

 

山岸凉子『赤い髪の少年』

5

猫度

4.0/10

面白さ

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

2.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA