松村紀代子『猫の本棚』

松村紀代子『猫の本棚』

 

歴史上・文学上の人物たちと、愛猫たち。

飼い主を大金持ちに出世させた猫、化け猫の正体、黙阿弥の猫、長船旅をした猫。
簡単な猫歴史、俳句に詠まれた猫、有名な源氏物語の猫。大ヒットミュージカルの原作となった詩集、夏目漱石の猫、そして、猫好き作家として有名な大佛次郎の猫たち。

最後に作者自身の飼い猫の達観した死に様。

猫にまつわる話を集めた本は多いが、この本は単なる情報集めに流されず、猫文学史上のポイントを押さえて書いてあって、好感を感じた。
作者が幼い頃から大の猫好きだったこともよくわかる。

世の中には「ネコ好きではないが、猫本は売れると聞いたので」という理由で書かれた本が意外と多いようで困る。
この本については、他の本を検索中に偶然みつけたもので、本の評も作者についてもまったく無知だった。
が、岩波の本なら間違いなかろうということでネット・オーダーしたのだった。
読後の感想も、“さすが岩波”だった。

本著は、これから猫の本を読んでみたい方には良いガイドとなる本だ。
また、今まで多くの猫の本を読んできた方には、あらためて「そうそう、あれ、面白い本だったなあ。また読もうかな?」と思いさせる本である。

(2002.4.10)

松村紀代子『猫の本棚』

松村紀代子『猫の本棚』

松村紀代子『猫の本棚』

松村紀代子『猫の本棚』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の本棚』
副題、シリーズ名など

  • 著:松村紀代子 (まつむら きよこ)
  • 訳:姓名(ひらがな)
  • 出版社:岩波書店
  • 発行:2000年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:4000017950 9784000017954
  • 182ページ
  • 登場ニャン物:
  • 登場動物:

 

目次(抜粋)

  • まえがき
  • 猫はやさし
    • ヒトを偉くした猫――ウィッティントンの嘘と実
    • バケネコオはやさしい――『耳嚢』より
    • その他
  • ぜんぶ猫の話
    • 取りいそぎ、猫の世界史抄/li>
    • 花も杓子も――蕪村・応挙、やがて子規
    • その他
  • 猫の姿は「すでになし!」
    • フクロネズミしの愛した猫――ミュージカル「キャッツ」とT.S.エリオット
    • 夏目家のクロたち――ワガハイくんのあとさき
    • その他
  • こねここの猫どこの猫
  • あとがき

 

著者について

松村紀代子 (まつむら きよこ)

旧満州新京市生まれ。62年東京女子大学英米文学卒。10年の出版社勤務ののち、米国カリフォルニア州パロ・アルト、英国ロンドンでも暮らす。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

松村紀代子『猫の本棚』

松村紀代子『猫の本棚』
7.6

猫度

7.5 /10

面白さ

7.5 /10

情報度

8.0 /10

猫好きさんへお勧め度

7.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA