書評:さとうわきこ『ぼく そらをさわってみたいんだ』

さとうわきこ『ぼく そらをさわってみたいんだ』

 

絵:岩井田治行。絵本・子どものくに18

幼児用の絵本です。

小さな子猫が、空を触ってみたいと思い、動物達に協力をたのみます。

まず、カメの背中に乗って背伸びしますが、もちろん、届きません。
次にキツネ+カメの背中に乗りますが、まだ届きません。
次にブタ+キツネ+カメの背中に乗りますが、まだ届きません。

こうして次々に頼んで、さいごには、ゾウ・カバ・クマ・ブタ・キツネ・カメ・子猫の組体操ならぬ組梯子?ができああります。

そのとき、思いがけぬ事件がおこります。

かわいい絵本なんですけれど、動物達は、幼児用の絵にしては、けっこう写実的に描かれていると思います。
必要以上にかわいく描くというか、マンガチックにデフォルメされたりしてはいません。
そこが私はとても良いと思います。
大人用の絵なら、いくらデフォルメしてもかまいませんが、幼児用のものは、幼児用であるからこそ、変にデフォルメしない方が良いんじゃないかと思うのです。
幼児の頭はまだ柔らかくて真白なんですから、まずは本物を教え、それからアレンジしていくべきではないかど。

ま、リアリティという意味では、アカギツネ(多分)と、ヒグマ(多分)と、カバと、インドゾウ(多分)が、同じ場所にいるのは不自然といえば不自然ですが、そこまでは言わないで良いでしょう。
(多分、と書いたのは、絵を見た私の判断であり、著者自身がどう設定していたのかはわかりません。)
なんといっても幼児用 =^_^=

この本の大きな特徴は、紙面を縦に使っているいうことです。
空に向かって手をのばす子猫、その空の高さを表すために、ふつの本のように横ではなく、縦にひらきます。ちょっと面白い。
それとも、こういう使い方って、幼児本ではよくあることなのでしょうか?

さとうわきこ『ぼく そらをさわってみたいんだ』

さとうわきこ『ぼく そらをさわってみたいんだ』

さとうわきこ『ぼく そらをさわってみたいんだ』

さとうわきこ『ぼく そらをさわってみたいんだ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ぼく そらをさわってみたいんだ』
絵本・子どものくに18

  • 作:さとうわきこ
  • 絵:岩井田治行(いわいだ はるゆき)
  • 出版社:ポプラ社
  • 発行:1986年
  • NDC:26(マンガ、絵本)幼児用絵本
  • ISBN:4591023087
  • ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:無名
  • 登場動物:カメ、キツネ、ブタ、クマ、カバ、ゾウ、カミナリの子

 


ショッピングカート

 

さとうわきこ『ぼく そらをさわってみたいんだ』

さとうわきこ『ぼく そらをさわってみたいんだ』
7.4

猫度

9.5 /10

面白さ

6.0 /10

絵・画

8.0 /10

猫好きさんへお勧め度

6.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA