ゴンザレス/フライシャー『今日もまた猫たちを救う犬』

ゴンザレス/フライシャー『今日もまた猫たちを救う犬』

 

『猫たちを救う犬』の続編。

本がベストセラーになり、ジニーとゴンザレス氏はすっかり有名になった。
あちこちのイベントや学校などに招待され、時には講演を行った。
町を歩けば多くの人たち、とりわけ子供たちに「ジニー!」と声をかけられる。

ゴンザレス氏は少々当惑しながらも、ジニーのことがますます自慢でならない。
スーパースターはあくまでジニーであり、氏はジニーのいわばおまけのような存在だと自認し、決して自分の方が目立つことがないよう気をつけている。

そして、ジニーは相変わらず猫たちを救っている。
障害のある猫は決して放置しない。必ず救い出さないと気が済まない。

ゴンザレス氏は相変わらずの労災保険と、それからジニーの本の印税で生活しながら、今も毎日、野良猫たちにフードを配って歩いている。
雨の日も、風の日も、猛吹雪の日も。

この本を読む前に、前編である『猫たちを救う犬』を読まれることをおすすめします。
前編の方が感動的だし、また完成度も高いと思うからです。
そしてもしジニーとゴンザレス氏についてもっと知りたくなったら、こちらの続編の方もお読みください。

(2007.7.7.)

ゴンザレス/フライシャー『今日もまた猫たちを救う犬』

ゴンザレス/フライシャー『今日もまた猫たちを救う犬』

ゴンザレス/フライシャー『今日もまた猫たちを救う犬』

ゴンザレス/フライシャー『今日もまた猫たちを救う犬』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『今日もまた猫たちを救う犬』

  • 著:フィリップ・ゴンザレスPhilip Gonzalez/リアノー・フライシャー Leonore Fleischer
  • 訳:内田昌之
  • 出版社:草思社
  • 発行:1998年
  • NDC:934(英文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:4794208235 9784794208231
  • 222ページ
  • モノクロ
  • 原書: ” The Blessing of The Animals ; True Stories of Ginny, the Dog Who Rescues Cats ” c1996
  • 登場ニャン物:チェアマン、マダム、クリッピー、ヴィノーラ、キング・アーサー、その他多数
  • 登場動物:ジニー(犬)、他

 

目次(抜粋)

  • 1.動物たちの祝福
  • 2.チェアマンの救出
  • 3.ジニーの学校訪問
  • 4.今世紀最大の嵐
  • 5.給餌場の外猫たち
  • 6.救助は続く
  • 7.ジニーはスーパースター
  • 8.ジニーの大切な友だち
  • 9・たぐいまれなるジニー

 

著者について

フィリップ・ゴンザレス Philip Gonzalez

1950年生まれのプエルトリコ系アメリカ人。スチームパイプ取り付け工として何不自由ない生活を送ってきたが、40歳のとき事故に遭い、右腕の機能の多くを失う。職も失って落ち込んでいたときにジニーと出会い、ジニーとともに傷ついていたり障害をもっていたりする野良猫の救助活動を始めて、今日に至る。ニューヨーク州ロングアイランド在住。

リアノー・フライシャー Leonore Fleischer

作家。映画のノヴェライゼーションを多く手がける。邦訳に『アニー』(ハヤカワ文庫NV)『靴をなくした天使』(扶桑社ミステリー文庫)『永遠の愛に生きて』(角川書店)『レインマン』(ハヤカワ文庫NV)などがある。5匹の猫とともにニューヨーク州北部に住む。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ゴンザレス/フライシャー『今日もまた猫たちを救う犬』

7.7

動物度

9.0/10

面白さ

6.5/10

愛猫家へお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA