柴田よしき『猫はこたつで丸くなる』

猫はこたつで丸くなる - 猫探偵正太郎の冒険III

 

猫探偵正太郎の冒険3

これも短編集。

今までで一番良かったかも。
全体的にすごく自然なのだ。プロの作家さんに対しこんな言葉は失礼かもしれないが、肩の力が抜けて、正太郎達がより自然体になり、ストーリーにも無理がない(猫が推理するという設定自体が無理だという点は別にして)。動物達は可愛く、賢い。

ただ、血統書付き猫は当然交配して子猫を産ませるもの、という前提の話だけはいただけなかったけれど。

今回は正太郎の永遠の恋人トマシーナの視点から書かれた短編も含まれている。そのため登場人物にも場所設定にも変化がでて、退屈する暇がない。

シリーズものは回を重ねるに連れつまらなくなるものが少なくないが、この正太郎シリーズは回を追うごとに面白くなって、裏切られません。次が楽しみ。

【猫探偵正太郎シリーズ】

主人公の正太郎は、ペルシアもどきの雑種ネコ。ミステリー作家・桜川ひとみ宅に同居している。
桜川ひとみは、天然でお気楽な現代女性。これでミステリー作家が勤まるのかと心配になってしまうほど。正太郎の名前さえ、しばしば「クロちゃん」だの「タマちゃん」だの、適当な呼び名でごまかして平気である。

それに対し、正太郎は、日本語は完璧に理解し、文字も「まぐろ」くらいなら読めちゃう天才猫。人間顔負けの推理をして、殺人・殺猫事件の謎を解いてしまう。

それから、おもしろいのが、一番最後の「解説」。作家の図子慧(ずし けい)氏によるもの。氏は、「猫を飼うと、猫について語りたいことがブクブクとガスのように溜まって」くるいい、そこでネットに書き込みをしたり、猫友だちと「お互い自分の飼っている猫の話しかしないのですが」長電話したりしちゃうのだ、と、書き、そして、
延々と、自分の猫の話。柴田氏の本の解説なのに!(笑)

なんか、こんなところも、いかにも猫好きが集まっている感じで、かえってとても良いのであります☆

『猫探偵正太郎シリーズ』はこちら。

(2004年4月10日)

柴田よしき『猫はこたつで丸くなる』

柴田よしき『猫はこたつで丸くなる』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫はこたつで丸くなる』
猫探偵正太郎の冒険3

  • 著:柴田よしき(しばた よしき)
  • 出版社:光文社カッパノベルス
  • 発行:2004年
  • NDC:913.6(日本文学) 短編推理小説
  • ISBN:4334075487 9784334740160(文庫版)
  • 289+3ページ
  • 登場ニャン物:正太郎、トマシーナ(トーマ)、ゴンタ
  • 登場動物: サスケ(犬)

 

目次(抜粋)

  • 正太郎ときのこの森の冒険
  • トーマと蒼い月
  • 正太郎と秘密の花園の殺人
  • フォロー・ミー
  • 正太郎と惜夏のスパイ大作戦
  • 限りなく透明に近いピンク
  • 猫はこたつで丸くなる
  • *あとがき
  • *読者代表より 川端由香里
  • *解説 図子慧

 

著者について

柴田よしき(しばた よしき)

1959年、東京生まれ。青山学院大学卒業。95年、初めての長編『RIKO―女神の永遠―』で第15回横溝正史章を受賞。幅広い作風で活躍している。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

柴田よしき『猫はこたつで丸くなる』

8.8

猫度

8.5/10

猫活躍度

9.5/10

面白さ

8.5/10

おすすめ度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA