群ようこ『ビーの話』

群ようこ『ビーの話』

 

お隣さんの猫は、超甘えん坊で気まぐれ。

群ようこさんの猫エッセイといえば、『トラちゃん』と並んで、この『ビーの話』。

『トラちゃん』は、自分の家の猫の話であるのにひきかえ、『ビー』は、最初から最後まで他人の家の猫や野良猫たちの話である。
自分の家の猫に関するエッセイは多いけれど、他人の猫の話だけで本を一冊書いちゃうなんて珍しい。
さすが群さん。

とはいっても、マンションのすぐ隣の猫で、群さん宅とはベランダから出入り自由である。
ビー自身は、どちらも自分の家と信じて疑わないでいるのだろう。
群さんは救いようのない猫好きだから、ビーにもうメロメロで、猛烈に甘やかし、可愛がっている。
あれでは飼っているのと全然変わらない。

その他、“きれい通り”だの“きたな通り”だのと名前をつけて、そこにたむろする野良猫達を事細かに観察している。

最初から最後まで猫ぎっしり、猫のことしか書いていない、猫話集である。
超お勧め。

(2002.4.10)

群ようこ『ビーの話』

群ようこ『ビーの話』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ビーの話』

  • 著:群ようこ(むれ ようこ)
  • 出版社:筑摩書房 ちくま文庫
  • 発行:1999年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:448003692x 9784480036926
  • 278ページ
  • 登場ニャン物:ビー、ハッシー、キメ、きたなマスク、チャー、クロ、モップ、トリオイ、ミーコ、おとちゃん、レノ、しい
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

群ようこ『ビーの話』

9.5

猫度

9.5/10

面白さ

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA