群ようこ『音の細道』

群ようこ『音の細道

 

猫好きで有名な群ようこさんのエッセイ集。

とはいえ、猫を主題にしたエッセイは2編のみ。
他は日常の些細な出来事を群さんならではのユーモアあふれる観察眼で書かれたもの。

猫エッセイその1は『老ネコの遠吠え』。

隣室のシャム猫、ビーちゃんも老いた。
もう御歳19歳である。
まだ元気なのだが、

とはいっても年齢は年齢であるから、そこここに不都合が起こっている。
(p.161)

さてその不都合とは?

猫エッセイその2は『ネコバカの歌』。
群さんは漫画家には変わった人が多いと切り出した後に、こう書く。

・・そのなかでぎょっとした部分があった。バーで知り合いと飼いネコ自慢をしていた漫画家が、自作の飼いネコのテーマソングを歌うという話だった。実は私も、・・・
(p.207)

自分も愛猫の歌を歌っていた、変人漫画家とかわらない、と告白。さらに群さんは続ける。「しいのテーマソング」は一曲ではない、三曲もある、しかもどの曲も、その歌詞が、爆笑もんというか、陳腐というか・・・。

大バカである。物書きとは思えないボキャブラリーの貧困さと、救いがたいネコバカ。この言葉に適当な節をつけて、歌うのであるから、こんな姿を見たら最期、誰もそばに近寄らないだろう。
(p.209)

そう、とてもとても「ネコバカ」な歌。(どんな歌詞かは、本をご覧下さいネ(^_^)

おそらく、日本中の愛猫家が、同じような内容の歌を、同じようなボキャブラリーを使って、家の中でこっそり高らかに歌っているのではないだろうか。

私ももちろん、歌っている。今うちは7ニャンだが、全員がテーマソングを持っている。いくつも持っている子もいるから、全部で何曲あるのか自分でもわからない。それを、猫を膝に抱いているときならまだしも、独りで家路へと急ぐ運転の最中に、しばしば歌っているのだ。
「レオちゃん、レオちゃん、世界一かわいくて、世界一お利口で・・」
とか、
「ト~ロちゃん、ト~ロちゃん、お目々がかわいいね・・・」
とか(恥)。

もう1編。猫は出てこないが、猫好きならではの勘違いを語った『運命の鈴の音』も群さんらしいエッセイだ。

(2009.1.2.)

群ようこ『音の細道

群ようこ『音の細道

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『音の細道』

  • 著:群ようこ(むれ ようこ)
  • 出版社:幻冬舎文庫
  • 発行:2008年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:9784344410961
  • 222ページ
  • 登場ニャン物:ビー、しぃ
  • 登場動物:-

 

著者について

群ようこ(むれ ようこ)

東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。いくつかの仕事を経て本の雑誌社に入社し、1984年「午前零時のパン」でデビュー。『かもめ食堂』『しいちゃん日記』『ぬるい生活』『小美代姐さん愛縁奇縁』『財布のつぶやき』など著書多数。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

群ようこ『音の細道』

4.7

猫度

2.0/10

面白さ

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

4.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA