群ようこ『トラちゃん』

群ようこ『トラちゃん』

 

猫・その他の動物たちとの交流を、ユーモラスに語る。

群さんが、猫好き作家として超有名になった最初は、きっとこの本だろうと思う。

内容は、例の軽やかでユーモアに満ちた文章で、「金魚のよしこちゃん」「手のり文鳥のチビ」「十姉妹のビンタちゃん」「インコのピーちゃん」「犬のピーター君」「モルモットのハム子ちゃん」「ハツカネズミのモンジロウちゃん」などが紹介されている。
いずれも、群さん一家の動物たちに対する愛情に満ちあふれた、楽しく愉快なエッセイばかり。

その群さんの文章が断然光るのは、ネコのトラちゃん一族の章だろう。
3章、計95ページがネコの話に費やされている。

初代トラちゃんは、ある日突然群さんの前に現れた。
トラちゃんは仔猫を生み、群さん達はそれを優しく見守る。
トラちゃんの見事な子育て、それから、毅然とした最後。

その子猫達も、「トラちゃん」の名を引き継ぎ群さん一家と暮らしていく。
何しろ、群母親様が

うちで飼うネコは、トラかチビ。親が死んだらその名を受け継ぐ、トラ世襲制にするぞ。

と宣言されたのだ。

その上、群家には

『動物は絶対、親子をバラバラにしない。』・・・すべて責任をとって面倒をみなければならないのだ。

という家訓がある。

その結果、トラちゃん、コトラ1号~5号、マゴトラ1号~2号、と、ニャンコの数が次第に増えて・・・

この本を読んでまず思ったのは、なんて理想的な動物好き家族だろう、ということ。
こんな母親に育てられたら、動物や弱者をいじめる人間なんか育ちようがない。
おおらかで、くったくがなくて、でも動物の面倒はドーンと責任をとって最後まで世話をする。
是非、日本中の人間に、この一家の爪のあかを煎じて飲ませたいくらいだ。

皆さん、このように自然体のまま、動物たちと対等に暮らしましょうよ。

目をつり上げて「除菌、消毒、絶対清潔」と息巻いているお母さん達にも読んでほしい。
私のお薦めの1冊です。

(2002.7.7)

群ようこ『トラちゃん』

群ようこさん

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『トラちゃん』
猫とネズミと金魚と小鳥と犬のお話

  • 著:群ようこ (むれ ようこ)
  • 出版社: 集英社文庫
  • 発行: 1989年
  • NDC : 914.6(日本文学) 随筆・エッセイ
  • ISBN : 4087494810 9784087494815
  • 234ページ
  • 登場ニャン物 : トラちゃん、チビ、コトラ1号~5号、マゴトラ1号~2号
  • 登場動物 : 金魚、手乗り文鳥、十姉妹、インコ、犬、モルモット、ハツカネズミ

 

目次(抜粋)

  • 金魚のよしこちゃんの話
  • 手のり文鳥のチビの話
  • 十姉妹のビンタちゃんの話
  • インコのピーコちゃんの話
  • 犬のピーター君の話
  • 初代トラちゃんの話
  • 二代目トラちゃんの話
  • いたずら子ネコたちの話
  • モルモットのハム子ちゃんの話
  • ハツカネズミのモンジロウの話
  • ハツカネズミの大所帯の話
  • あとがき
  • *解説 山本容朗

 

著者について

群ようこ(むれ ようこ)

1954年、東京生。日大芸術学部卒。無類の読書家。広告代理店、商品企画会社を経て”本の雑誌社”勤務の傍らエッセイ『午前零時の玄米パン』を発表、注目を受く。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

群ようこ『トラちゃん』

8.1

猫度

4.0/10

読みやすさ

10.0/10

面白さ

9.0/10

おすすめ度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA