そにしけんじ『猫ラーメン』全6巻

そにしけんじ『猫ラーメン』

 

なんと、猫が、ラーメン店主に!?。

「大将」とよばれるこの猫は、そうです、立派なラーメン店主なのです。
二本脚で立ち、頭には鉢巻、きりりと前掛け姿がりりしく。
日々研究を重ね、向上心も野心もある。
もちろん、人語も自由に話します(他の猫達は話せません)。
世にも珍しい、ラーメンを作る猫。
そして、その味は・・・まずい!

そにしけんじ『猫ラーメン』

そにしけんじ『猫ラーメン』

熱意だけは誰にも負けない。
奇妙奇天烈、否、猫ならではの創意工夫に満ちた・・・猫過ぎる創意工夫に満ちすぎた・・・創作ラーメンも、頻繁に作っている。
中でも「まかないラーメン」は、有名なグルメ評論家をも「うまい」とうならせた味(しかしこの評論家、カリカリをナシと間違える程度の味覚の持ち主だ)。

しかし、どれほど超人的猫、否、超猫的猫といえども、そこは猫。
猫ならではの苦労や失敗も多い。
おにぎりを握ろうとしても、ご飯粒がねちねち肉球についてしまう。
寿司を握ろうとしても、暖かい肉球で温められた抜け毛だらけの寿司になってしまう。
雇うバイトはとんでもない連中ばかり。

何回失敗しようと、どれほど逆風が吹こうと、猫大将はあきらめない。
ラーメン道まっしぐら!

そにしけんじ『猫ラーメン』

そにしけんじ『猫ラーメン』

と、まあ、ギャグ漫画ではあるんですけれど。

これが、かわいいんだな~♪猫大将が。
猫マンガの猫といえば、大きなお目目が常道なのだけど、この猫大将はいつも両目をぎゅっとつむっている。
やることなすこと、猫の部分が出てきてしまうというか、猫丸出しなのに、妙に人間臭いところもあり。
それも、古い人間。昭和のおやじみたいな。

お勧めです。

(2014.1.8.)

そにしけんじ『猫ラーメン』

そにしけんじ『猫ラーメン』

そにしけんじ『猫ラーメン』

そにしけんじ『猫ラーメン』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫ラーメン』
全6巻

  • 著:そにしけんじ
  • 出版社:株式会社マッグガーデン
  • 発行:2006年(第1巻)~
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:4861272793 9784861272790
  • 登場ニャン物:大将、ミーちゃん、たまみ、他
  • 登場動物:犬

 

 

著者について

そにしけんじ

噌西けんじ。札幌生まれ。大学の美術科を卒業後大手印刷会社勤務を経て漫画家として独立、現在にいたる。
代表作:
「動物のカメちゃん」全5巻
「文具天国」
「文具天国・黒田の逆襲」(共に小学館刊)
「まかせてペットくん①~③巻」(ポプラ社刊)

猫ラーメンオフィシャルサイト
http://www.neko-rahmen.com/

そにけん(そにしけんじ)のブログ
http://ameblo.jp/hobo-zero-pet/

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

そにしけんじ『猫ラーメン』

9.5

猫度

9.5/10

面白さ

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA