赤瀬川原平『猫の宇宙 向島からブータンまで』

赤瀬川原平『猫の宇宙』

 

猫嫌いを猫好きにした猫の置物たち。

猫はあまり好きじゃなった。むしろ嫌いだった。(中略)どうも動物が駄目だったのだ。
page 26

ところが、友人の南伸坊氏の庭で子猫が生まれて、妻と娘が黒い毛糸玉を一つ受け入れると表明しちゃったのだ。2対1ではかなわない。
こうして民主主義で、猫と暮らすことが決定されてしまった。

仕方ないので、著者は猫の置物をコレクションし始めた。実物は苦手だからまず「置き猫」から慣れようという計画だ。コレクション癖のある著者は、どんどん集めてしまい、そして、

いまでは結局ぼくも猫が好きになってしまった。
page 28

街角で撮った猫達の写真集。

本物の猫だけでなく、町の風景の中に猫の置物(主に瀬戸物)を置いて撮った写真も多い。

著者のコレクションの「置き猫」たちである。塀の上、ゴミ箱の上、植え込みの中、バケツの横・・・
絵になりそうな場所に、猫をちょこんと置いて、撮影しているのである。

だから、ふつうなら不自然なはずの場所に、瀬戸物の猫があったりする。なのになぜか、風景にしっとりマッチしている。

もちろん、本物の猫達も多く撮影されている。いずれにしても、下町には猫がよく似合う。

かわいらしさの点数が低めなのは、私はやっぱり本物の猫の方が好きだという個人的嗜好から。
写真としては面白いと思う。

(2003.12.21)

赤瀬川原平『猫の宇宙』

赤瀬川原平『猫の宇宙』

 

赤瀬川原平『猫の宇宙』

赤瀬川原平『猫の宇宙』

赤瀬川原平『猫の宇宙』

赤瀬川原平『猫の宇宙』裏表紙

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の宇宙』
向島からブータンまで

  • 著:赤瀬川原平(あかせがわ げんぺい)
  • 出版社:中央公論新社 中公文庫
  • 発行:2001年
  • NDC: 748 写真集
  • ISBN:412203812X
  • 127ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:多数(置物の猫も)
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • 猫の宇宙
  • まえがき
  • 猫とぼく
  • 猫と女
  • 猫と経費
  • 猫と雀
  • 猫と人間
  • あとがき

 

著者について

赤瀬川原平(あかせがわ げんぺい)

武蔵野美術学校中退後、『櫻画報』その他のイラストレーションの仕事をする。昭和54年、尾辻克彦の名で書いた『肌ざわり』により中央公論新人賞を、56年、『父が消えた』により芥川賞を受賞。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤瀬川原平『猫の宇宙』

7.5

猫度

9.9/10

おもしろさ

7.0/10

かわいらしさ

6.0/10

おすすめ度

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA