ブラウン,R.M.『病院が嫌いな猫』

ブラウン,R.M.『病院が嫌いな猫』

 

『トラ猫ミセス・マーフィ』シリーズ 第9弾。

病院の古いボイラー室で設備管理主任が殺された。
嫌われ者だったとはいえ、殺されるほど嫌われていたとは思えず、女郵便局長・ハリーの好奇心がうずきだす。

うずきすぎて、病院に忍び込んでしまった!

そこへ男たちが現れ・・・

身震いしながら、ハリーは立ち上がりかけた。
けれども、立ち上がることはなかった。彼女が最期に耳にしたのは「ガツン」という音だった。
(p.156)

愛するハリーが襲われたとあっては、とら猫ミセス・マーフィ、デブ猫ピュータ、コーギ犬ティー・タッカーの3者が、黙っているはずはない。
彼らは動物ならでの嗅覚と、感と、視点の低さを武器に、事件調査に乗り出す。

そんな中、恒例の「キツネ狩り」が行われた。
「狩り」と呼ばれてはいるが、正確には「キツネ追い」だ。犬を連れ、馬に乗って、山野を自由に駆け巡り、キツネを探すゲームだ。
走り回ったあとはもちろん、パーティーである。

その直後に、また殺人事件がおきた。
今度の被害者は誰からも好かれる人物だった。

嫌われ者と、人気者。
ふたりの被害者を結びつけるものとは?
他に殺されそうな人物は?

やはり病院しか接点がない。
若い婦人警官のクープ、ハリー、それから動物たちは、また病院に忍び込む・・・

軽快なテンポと軽妙な会話が魅力の「トラ猫ミセス・マーフィ」シリーズ。
今回も動物たちが大活躍!

また、今回もアメリカの歴史が話に絡んでくる。
ヴァージニア洲アルベマール群クロゼットという、どこにでもありそうな小さな田舎町にも、奴隷制度時代の負の遺産があった。
その負の遺産と、連続殺人事件が、思わぬところで結びつく。

(2011.10.16)

『トラ猫ミセス・マーフィ』シリーズ

ブラウン,R.M.『病院が嫌いな猫』

ブラウン,R.M.『病院が嫌いな猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『病院が嫌いな猫』
トラ猫ミセス・マーフィーシリーズ

  • 著:リタ・メイ・ブラウン/スニーキー・パイ・ブラウン Rita Mae Brown and Sneaky Pie Brown
  • 訳:茅律子(かや りつこ)
  • 出版社:早川書房ハヤカワ文庫
  • 発行:2011年
  • NDC:933(英文学)小説 アメリカ
  • ISBN:9784151707599
  • 456ページ
  • イラスト
  • 原書:”Claws And Effect” c2001
  • 登場ニャン物:ミセス・マーフィ、ピュータ
  • 登場動物:犬、馬、オポッサム、その他

 

著者について

リタ・メイ・ブラウン/スニーキー・パイ・ブラウン Rita Mae Brown and Sneaky Pie Brown

1944年ペンシルヴエニア州ハノーヴァー生まれ。多くの作品を送り出す人気作家。幼女のスニーキー・パイ・ブラウン(1982年8月27日ヴァージニア州アルベマール郡生まれのトラ猫)との合作で、1990年発表の『町でいちばん賢い猫』から2011年の Hiss of Death まで19作の〈トラ猫ミセス・マーフィ〉シリーズを刊行している。

『トラ猫ミセス・マーフィ』シリーズ

(著者プロフィールは『病院が嫌いな猫』からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ブラウン,R.M.『病院が嫌いな猫』

8.3

猫度

8.5/10

面白さ

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA