ブラウン,R.M.『雪の中を走る猫』

ブラウン,R.M.『雪の中を走る猫』

 

『トラ猫ミセス・マーフィ』シリーズ 第2弾。

1巻目では、人間と動物の会話が入り乱れて少々紛らわしく感じたが、この2巻目からは人間は「 」、動物は“ ”と分けてあるので、ずっと読みやすくなっていた。

私と同様、紛らわしく感じた人が多かったのかも知れない。

この原題は “Rest in Pieces”(バラバラになって休め)、もちろん “Rest in Peace”(やすらかに休め)のしゃれだ。

その通り、バラバラ殺人事件が発生する。
ミセス・マーフィの相棒、コーギー犬のタッカーが、とんでもないものを見つけたのだ。
それは、切断された人間の腕。
さあ、小さな町は大騒ぎ。

ここでもトラ猫のミセス・マーフィーとティー・タッカーがすばらしい活躍をみせる。

*****

ひとつ、ちょっとほっこり、そしてまた、これは真実かもしれないと思った個所。
動物愛護協会でのシーンだ。

彼女はボール箱のなかに手を入れ、両手にそれぞれ子猫を載せて取りだした。つぎに、取り出した二匹をブレアの胸に預けた。「ブレア、これはお金で買える唯一の愛情よ。あなたにあげるクリスマス・プレゼントは、ほかに思いつかないわ」
灰色の子猫はすでに目を閉じて、ゴロゴロ喉を鳴らしていた。そこまで到達していない三毛猫のほうは、ブレアの顔をためつすがめつしていた。
「うんといってくれ」フェアは早くも、動物愛護協会の養子縁組申込用紙のうえにペンをかまえていた。
「うん」ブレアは顔をほころばせた。「つぎは、この子たちの名前だけど何がいいだろう?」
page346

救助され保護されすぐ新しい家が見つかった子猫たちはラッキーだし、それに、そうですね。お金で人間の愛情は買えない場合が多いけど、わずかなお金を出して保護猫を引き取って愛せば、必ず、途方もない愛情を返してもらえる、それも事実です。

(2003.5.30)

『トラ猫ミセス・マーフィ』シリーズ

ブラウン,R.M.『雪の中を走る猫』

ブラウン,R.M.『雪の中を走る猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『雪の中を走る猫』
トラ猫ミセス・マーフィーシリーズ

  • 著:リタ・メイ・ブラウン/スニーキー・パイ・ブラウン Rita Mae Brown and Sneaky Pie Brown
  • 訳:茅律子(かや りつこ)
  • 出版社:早川書房ハヤカワ文庫
  • 発行:1998年
  • NDC:933(英文学)小説 アメリカ
  • ISBN:4151707522 9784151707520
  • 447ページ
  • イラスト
  • 原書:”Rest in Pieces” c1992
  • 登場ニャン物:ミセス・マーフィ、ピュータ、ノエル、ジングルベル、ほか
  • 登場動物:犬、馬、オポッサム、フクロウ、その他

 

著者について

リタ・メイ・ブラウン/スニーキー・パイ・ブラウン Rita Mae Brown and Sneaky Pie Brown

ペンシルヴエニア州ハノーヴァー生まれ。多くの作品を送り出す人気作家。幼女のスニーキー・パイ・ブラウン(1982年8月27日ヴァージニア州アルベマール郡生まれのトラ猫)との合作で、1990年発表の『町でいちばん賢い猫』から2011年の Hiss of Death まで19作の〈トラ猫ミセス・マーフィ〉シリーズを刊行している。

『トラ猫ミセス・マーフィ』シリーズ

(著者プロフィールは『病院が嫌いな猫』からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ブラウン,R.M.『雪の中を走る猫』

8.3

猫度

8.5/10

面白さ

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA