梶井基次郎『交尾』

梶井基次郎『檸檬』

 

「檸檬」収録の短編。

全部でわずか文庫本13ページの短編、それがさらに「その一」「その二」に分かれていて、猫が出てくるのは「その一」の方、7ページ分である。

主人公は、半ば朽ちかけた物干し場に立っている。ここは貧しい街。音もしないで何匹も蝙蝠(こうもり)が飛んでいる。魚屋の咳が聞こえてくる。その乾いた力のない咳は、その男が肺病であることを示唆しているが、男は病院へ行こうとはしない。

梶井基次郎も肺病やみである。あの男の咳と、自分の咳は、同じように聞こえるのだろうと憂鬱に思う。

この街は貧しいので犬はいない、犬を飼う余裕がないから。そのかわりに、猫が多くいる。

白い猫が2匹、じゃれあっている。基次郎はじっとその様子を眺める。

・・・とまあ、それだけの短編だが、妙な緊迫感と、靄のようなけだるさが同居している、不思議な世界。基次郎でなければ書けない短篇。猫の描写が艶めかしい。

「その二」の方は、河鹿(カジカガエル)の話題だ。

(2006.2.1)

梶井基次郎『檸檬』

梶井基次郎『檸檬』

梶井基次郎『檸檬』

梶井基次郎

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『交尾』
「檸檬(れもん)」収録

  • 著:梶井基次郎(かじい もとじろう)
  • 出版社:集英社 秀英文庫
  • 発行:1991年
  • NDC:913.6(日本文学)短篇小説集
  • ISBN:4087520137 9784087520132
  • 247ページ
  • 登場ニャン物:白猫
  • 登場動物:河鹿(カジカガエル)、セキエイ、コウモリ

 

目次(抜粋)

  • 檸檬
  • 城のある町にて
  • ある心の風景
  • Kの昇天
  • 冬の日
  • 蒼穹
  • 筧の話
  • 器楽的幻覚
  • 冬の蠅
  • 桜の樹の下には
  • 愛撫
  • 闇の絵巻
  • 交尾
  •  
  • 語注—小田切進
  • 解説―感覚の力、精神のドラマ—鈴木貞美
  • 鑑賞―青年から壮年への断層—呉智英
  • 年譜—鈴木貞美

 

著者について

梶井基次郎(かじい もとじろう)

1901-1932年。大阪生まれ。東京帝国大学英文科在学中の大正14年、同人誌「青空」に『檸檬』発表。結核に苦しみ、昭和7年、31歳で夭折。生前はほとんど無名であったが、その緊張感の高い文体と詩情は死語高い評価を受け、現在に至る。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

梶井基次郎『交尾』

5.5

猫度

4.0/10

面白さ

6.0/10

猫好きさんへお勧め度

6.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA