アナトール・フランス小説集12『やせ猫』

アナトール・フランス小説集12『やせ猫』

 

「やせ猫」という名前の場末のカフェでの話。

猫はまったく出てきません。

「やせ猫」という名前の場末のカフェに集まった人達の話です。
まだ世界的に植民地が残っている時代ならではの話です。
あ、フランスという国では今でも植民地を持っていましたっけね。

ついでに・・・、この「アナトール・フランス小説集第12巻」にはもう一編「ジョカスト」という小説が収録されていますが、「ジョカスト」にも猫は出てきません(猫という単語が確か1回だけ出てきたかな。その程度)。 

で、私は「やせ猫」より「ジョカスト」の方が面白かった・・・

なんというか、今の時代には失われた倫理観?昔の人は純粋だったのか、それとも不自由すぎたのか。
あるいは素直でなさ過ぎたのかもしれません。
現代日本では理解しがたい心理だろうと思うのであります。

そして、アナトール・フランスの小説は是非フランス語の原文で読みたいと思わせる物があるのです。
私のフランス語力では全然まったく読めないのが非常に残念。

はい、そうです、この短編をワザワザ番外編に入れたのは、「フランス語がすらすら読める人がうらやましいな~」と言いたかったと言うだけのことでした。
ごめんなさい。

(2004.01.12)

アナトール・フランス小説集12『やせ猫』

アナトール・フランス小説集12『やせ猫』

アナトール・フランス小説集12『やせ猫』

アナトール・フランス小説集12『やせ猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

アナトール・フランス小説集12『ジョカストとやせ猫』
短篇集

  • 著:アナトール・フランス Anatole France
  • 訳:『ジョカスト』佐藤正彰、『やせ猫』杉捷夫
  • 出版社:白水社
  • 発行:2000年
  • NDC:943(フランス文学)短篇小説
  • ISBN:4560048924  9784560048924
  • 261ページ
  • 原書:”Jocaste et le cha maigre”; c1925
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • ジョカスト  佐藤正彰 訳
  • やせ猫   杉捷夫 訳

 

著者について

アナトール・フランス Anatole France

1844-1924年。フランスという国名を名にもつこの人、本名Jacques Anatole François Thibault。1844年、セーヌ左岸の古書籍商の一人息子として生まれた。書籍のなかで育てられ、常に書籍を耽読しながら成長した。はじめ高踏派詩人として出発したが、『シルヴェスト・ボナールの罪』(1881)で一躍評判を取り、以後、培われた古典・古代の深い教養を基にして次々と傑作を発表、文壇での位置を不動にした。根底にあるのは「知的懐疑主義」と極端なドグマを排した「古典趣味」で、それを端麗な文章と軽妙な風刺で表現した。1896年にアカデミー・フランセーズ会員、1921年にはノーベル文学賞を受賞した。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

アナトール・フランス小説集12『やせ猫』

3.8

猫度

0.1/10

面白さ

6.0/10

文学性

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

1.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA