萩原朔太郎『猫町』『ウォーソン婦人の黒猫』

萩原朔太郎『猫町』

 

猫が支配する、不思議な町。

日本を代表する詩人・萩原朔太郎が生涯に残した小説は、わずか短編4編だけだったが、そのうち2編の題名に「猫」が付いている。
さらに、朔太郎詩集の最高傑作の題名も「青猫」である。
よほど猫に思い入れのある人だったのだろうか。

作品から見る限り、猫を猫かわいがりするというタイプではなく、猫の神秘性を強調し、人類の横に潜んでいる超存在的な存在として扱っている。
猫の能力に強い憧憬を抱いていたようにも感じられる。

「猫町」は、詩人らしい幻覚的な短編だ。
見慣れた普通の町が、ふとした拍子に、突然見知らぬ町に変貌する。
精神状態のせいだったり、時には麻薬を使っていたり、単にいつもと眺める方向が逆なだけだったり。
あまりに鋭敏すぎる詩人の感性のなせるわざだ。

そして、詩人は不思議な話を聞く。
ある町は、犬のように肉ばかり食べる人々があつまった犬町で、ある町は猫のように魚ばかり食べる猫町なのだ、と。
そして、それを聞いた詩人はある日、本当に猫だらけの町に迷い込んでしまう。

「ウォーソン婦人の黒猫」は、ポーの「黒猫」を彷彿とさせるような、不気味で狂気じみた短編である。
夫を失い、しかし教養ある婦人らしく質素で堅実な生活を送っていたウォーソン婦人の部屋に、ある日突然黒猫が現れる。
黒猫は婦人の狂気の具象化だ・・・

(2002.4.10)

萩原朔太郎『猫町』

萩原朔太郎『猫町』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫町』『ウォーソン婦人の黒猫』
「猫町 他十七篇」収録

  • 著:萩原朔太郎(はぎわら さくたろう)
  • 出版社:岩波文庫
  • 発行:1995年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4003106237 9784003106235
  • 163ページ
  • 登場ニャン物:(猫達)/(黒猫)
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • I
    • 猫町
    • ウォーソン夫人の黒猫
    • 日清戦争異聞(原田重吉の夢)
  • II
    • 田舎の時計
    • 郵便局
    • ほか
  • III
    • 秋と散歩
    • 老年と人生
  • 解説(清岡卓行)


ショッピングカート

 

萩原朔太郎『猫町』

7.2

猫度

6.0/10

面白さ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

6.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA