花輪莞爾『猫はほんとうに化けるのか』

花輪莞爾『猫はほんとうに化けるのか』

 

学者が書いた、学者らしい猫本。

この本は、1990年に『猫鏡』の題で平凡社から出版されたあと、1997年に『猫学入門』に改題され小沢書店で出版された本の、文庫本化である。

読みながらまず感じたのは、これは非常に頭と記憶力が良い文学者の本だ、ということ。科学者ではない。理系ではない明らかに文系の、乱読の読書家、という印象。あくまで私のイメージです。実際には著者がどんな方なのか、まるで存じ上げていないし、申し訳ないが他に本も読んでいません。

内容は、一応「愛猫篇」「恐猫篇」「妖猫篇」と大きく3つにわけられているが、テーマごとにきっちり内容が分かれているわけではない。また、化け猫の話もでてくるが、そればかり集めたというわけでもなく、題名的には当初の『猫鏡』が一番雰囲気を伝えているような気がする。猫について色々語りながら、あちこちの文献から引用し、知識や雑学を集大成した本である。ただし、科学的根拠などはあまり気になさっていないようで、引用も文学的な文献からが多い・・・化け猫話を延々とするくらいだから、当然か?フランスの文豪ユーゴーの「霊界通信」や、夢に出てきた猫の記録なども出てくる。猫についての科学的考察を求めている人には勧められないが、雑学としての猫知識を求めているのなら、楽しく読めるだろう。文学に興味がある人にもお勧め。

花輪莞爾氏は、東大で19世紀フランス文学専攻、今は國學院大学文学部教授である。

(2003.02.21)

花輪莞爾『猫はほんとうに化けるのか』

花輪莞爾『猫はほんとうに化けるのか』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫はほんとうに化けるのか』
小悪魔たちの謎・不思議

  • 著:花輪莞爾 (はなわ かんじ)
  • 出版社:徳間書店 徳間文庫
  • 発行:2002年(1990年「猫鏡」・1997年「猫学入門」加筆改題)
  • NDC: 645.6(畜産業・家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4198917558
  • 284ページ
  • 登場ニャン物:コロ、ミミ、ショコラ
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • はじめに
  • 愛猫篇―かわいすぎる彼らの生態の秘密
    • 和猫(日本猫)たちが消えていく
    • 平安時代にはもうペット
    • その他
  • 恐猫篇―愛から不信へ。なぜ彼らは得たいが知れないか
    • どうして猫を見ると、人は悲しく惨めなのか
    • 三十万体もの猫ミイラ
    • その他
  • 妖猫篇―やっぱり魔性の生き物?世界の化け猫話の真贋
    • 身の毛もよだつ中国の猫鬼
    • 老猫飼いの大流行
    • その他
  • 文庫版あとがき
  • 参考文献一覧

 

花輪莞爾『猫はほんとうに化けるのか』

花輪莞爾『猫はほんとうに化けるのか』

著者について

花輪莞爾 (はなわ かんじ)

1936年、東京生まれ。東大卒。19世紀フランス文学を専攻し、現在は國學院大學文学部教授。作家・翻訳家として活躍を続け、芥川賞候補2回。本書は大の愛猫家の氏ならではの大百科で、90年の初版刊行来、数々の書評で取り上げられた好著である。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

花輪莞爾『猫はほんとうに化けるのか』

8.7

猫度

10.0/10

情報度

8.0/10

おすすめ度

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA