石田卓夫『猫のエイズ』

石田卓夫『猫のエイズ』

 

猫のひとつの病気について、とことん書かれた本。

この本、ネコの由来に関する記述に少々疑問を感じる点があるが・・・・そのことは「ニムラブス(残念ながらHP閉鎖)」のコナさんも指摘されているから、私だけの疑問ではなかったようだ・・・・なにしろ、ネコの病気、それも“猫エイズ” というひとつの病気だけに焦点を絞って、まるまる1冊の本が書かれたのだから、それだけで価値があると思うのだ。

このような本が他の病気についても次々と書かれたら、我々猫愛好家にとってはどれほど嬉しいか。
せめて、FeLV、FIP、口内炎、結石などは1冊ずつ本がほしい。絶対に即買うから!

で、この本は一般素人向けにやさしく書かれた本である。
新書版で値段も660円と手頃だから、エイズキャリアでない猫の飼い主も、基礎知識の一環としてぜひ読んでほしい。

キャリアネコと暮らしている飼い主には必読の書だろう。
とくに第二章「エイズとはどんな病気か」、第四章「エイズウイルスに感染した猫の飼育とその管理法」などには教えられることが多い。

この本を読んで、エイズキャリアの子猫を拾ってしまっても、あまり恐れることはないと思うようになった。
キャリアでなくてもうちのおつうのように、様々な病気にかかって何回も死にかけた子がいる。
その一方、私の友人のねこのように、キャリアであっても、現在推定9~10歳(元ノラなので正確な年齢は不明)、元気はつらつと暮らしているねこもいる。

キャリアネコに対する偏見をなくすためにも、広く読んでほしい本だ。

(2002.7.28)

石田卓夫『猫のエイズ』

石田卓夫『猫のエイズ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫のエイズ』
FIV感染をめぐって

  • 著:石田卓夫(いしだ たくお)
  • 出版社: 集英社新書
  • 発行: 2001年
  • NDC : 645.6(畜産業・家畜各論・犬、猫)
  • ISBN : 4087200779 9784087200775
  • 198ページ
  • 登場ニャン物 : -
  • 登場動物 : -

 

目次(抜粋)

  • プロローグ
    • 猫のエイズに感染したツシマヤマネコを発見
    • 猫のエイズウィルスの発見
  • 第一章 猫のエイズ発見まで
    • 猫のウイルス研究の歴史
    • ウィルスとは何か
  • 第二章 エイズとはどんな病気か
    • エイズと免疫
    • 猫のエイズウィルスの感染から発病まで
  • 第三章 猫のエイズと他の動物のエイズ
    • 猫のエイズウィルスは人間に感染するのか
    • エイズウィルスの進化
    • その他
  • 第四章 エイズウィルスに感染した猫の飼育とその管理法
    • 他の猫への感染をいかにして防ぐか
    • 二次感染の予防
    • その他
  • 第五章 エイズの猫とその保護者たち
    • エイズの猫を保護する素晴らしい人たち
    • さまざまな形の人と動物の関係
    • その他
  • エピローグ 猫のエイズが現代社会に警告するもの
  • あとがき

 

著者について

石田卓夫 (いしだ たくお)

1950年東京生まれ。国際基督教大学卒業。日本獣医畜産大学卒業。東京大学大学院農学部研究科博士課程修了。赤坂動物病院医療ディレクター。1982-85年日本獣医畜産大学臨床病理学教授。日本臨床獣医学フォーラム代表。(社)日本動物病院福祉協会理事。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

石田卓夫『猫のエイズ』

9

猫度

10.0/10

読みやすさ

8.0/10

情報度

9.0/10

おすすめ度

9.0/10

プラスポイント

  • ひとつの病気についてここまで書かれた本はありません

マイナスポイント

  • 他の疾病についても書いてシリーズ化してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA