新田一実『キャットウォーク事件簿 No.1』

新田一実『キャットウォーク事件簿 No.1』

 

悠次はドッグカフェ「バックヤード」でバイト。

動物と会話ができるようになって、悠次はますます動物に好かれる。
こういう男のアルバイト先として、ドッグカフェ以上にふさわしい職場はない!

しかし、将はバイトはしていなかった。
親から、バイトを禁止されていたからだ。
暇を持て余す将。

そんな将宛に、脅迫や嫌がらせの手紙が届くようになった。
カミソリが同封される程度ならまだしも、もっとおぞましい内容にエスカレートしていく。
さらに、悠次のバイト仲間・水沢にも、似たような脅迫が。

いったい誰が?
目的は?

将と水沢の接点はどう考えても悠次しかない。
悠次の身になにか起こるのだろうか?

シリーズ名がかわって第1作目。この作品では人は殺されません。
しかし猫好きにとってはもっと許し難いことが起こります。
一応事件は解決するのですが、犯人をもっととっちめてやりたい気分ですね。

(2004.12.3.)

新田一実『キャットウォーク事件簿 No.1』

新田一実『キャットウォーク事件簿 No.1』

キャットウォーク事件簿シリーズ

内容的には、「ペット心理療法士シリーズ」のまったくの続編です。
登場人物も、登場動物も、設定も、何もかわっていません。
シリーズ名だけの変更です。

まあ、悠次も将も、ペット心理療法士としての活躍はしていないわけですから、こちらのシリーズ名の方が妥当かもしれませんね。

「キャットウォーク事件簿」から読み始められてもあまり支障はありませんが、できれば「ペット心理療法士シリーズ」の方から読まれることをお勧めします。 重たい文芸作品ではありませんから、どうぞ気楽に、両シリーズ読破をめざしてください。

このシリーズはさらに「キャットテールレポート」シリーズへと続きます。

【まとめ:悠次・将・タマのシリーズ】
・ペット心理療法士シリーズ No.1-6
・キャットウォーク事件簿シリーズ No.1-4
・キャットテールレポートシリーズ No.1-7

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『キャットウォーク事件簿 No.1』

  • 著:新田一実(にった かずみ)
  • 出版社:小学館パレット文庫
  • 発行:2004年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4094214976 9784094214970
  • 236ページ
  • 登場ニャン物:タマ
  • 登場動物:シェパード、ほか

 

 

著者について

新田一実(にった かずみ)

里見敦子と後藤恵理子の2人で共同執筆。同居猫5匹のために、日々労働に勤しんでいるというのに、ありがとうでもなければ、ご苦労様でもない。猫は可愛いだけが取り柄というけど、見た目はともかく、性格は最悪。でも、こいつらがいないと仕事は進まなかったりするんだよねー。もう猫バカと言ってくださって結構です・・・・・・。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

新田一実『キャットウォーク事件簿 No.1』

7.9

猫度

7.5/10

面白さ

7.5/10

猫活躍度

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA