新田一実『キャットテールレポート No.2』

新田一実『キャットテールレポート No.2』

 

猫に、犬に、大型犬に、また大型犬に、カラスに・・・。

悠次は、そのたぐいまれなる犬好き(犬好かれ)な性格を買われ、早々に就職先が内定した。
大学の友人達は皆就職活動に大忙しというのに。

よかったと思うまもなく、将の祖母がひったくりに会い、転倒して怪我をする。

怪我をして物を盗まれれば立派な強盗だ。
しかし盗まれたものが袱紗=茶道に使うハンカチのような布だったため、警察はあまり本気で動いてくれない。

あてにならない警察に業を煮やし、祖母は将と悠次に袱紗回収の命令を。
さしもの将も祖母には逆らえず、動物達総動員で探すことに。

とはいえ、小さな布きれ1枚をどうやって探すんだ?

(2005.7.13)

新田一実『キャットテールレポート No.2』

新田一実『キャットテールレポート No.2』

キャットテールレポートシリーズ

「ペット心理療法士シリーズ」、「キャットウォーク事件簿シリーズ」の続編。

登場人物/動物はすべておなじみのメンバー。悪魔的美少年の将、とろい大男の悠次、怪猫タマ、無口で頼りになるシェパードのカイザー、など。

必ずしも最初の巻から読む必要はありません。どのシリーズのどの本から読み始めても、話が分からなくて困るということはないと思います。

とはいえ、軽くて読みやすい推理小説ですから、どうせなら最初から順番に読まれることをお勧めしたいです。すぐに読めます。

【まとめ:悠次・将・タマのシリーズ】
・ペット心理療法士シリーズ No.1-6
・キャットウォーク事件簿シリーズ No.1-4
・キャットテールレポートシリーズ No.1-7

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『キャットテールレポート No.2』

  • 著:新田一実(にった かずみ)
  • 出版社:小学館パレット文庫
  • 発行:2005年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4094215727 9784094215724
  • 237ページ
  • 登場ニャン物:タマ
  • 登場動物:シェパード、カラス、ほか

 

 

著者について

新田一実(にった かずみ)

里見敦子と後藤恵理子の2人で共同執筆。同居猫は1匹減って現在4匹。相変わらず、アリガトウでもなければ、ご苦労様でもないけれど、最近は、こいつらがいなかったら新田は大喧嘩して終わってたんじゃない?なんて思ってます。やっぱ、猫は和むわ。猫バカぶりは変わってないし。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

新田一実『キャットテールレポート No.2』

7.9

猫度

7.5/10

面白さ

7.5/10

猫活躍度

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA