書評:杉作『日々是 犬猫かぞく』―でんぢらう日記―

杉作『日々是 犬猫かぞく』

 

文明開化のガンコオヤジを面白おかしく。

『「日々是 犬猫かぞく』は、コミック乱で連載されていた「でんぢらう日記」より犬や猫、動物にまつわるお話を抜粋したものです。
明治時代の一家族大村家に起こるさまざまな出来事を、主人公傳治郎を通してコメディタッチで描きました。』
(あとがきより)

登場人物/動物は、
・猫のミャー(2歳♂)
・犬のドン(1歳♂)
・大村傳治郎(45歳)
・妻、絹江(33歳)
・長男、清太郎(8歳)
・長女、美弥(4歳)
・兎のうさ吉
でんぢらう(傳治郎)は、、会津藩出身の元武士。

杉作『日々是 犬猫かぞく』

杉作『日々是 犬猫かぞく』

背広を着て印刷局に通勤しているが、内面は、文明開化の勢いにてんでついていけてない。
家に帰れば、裃をつけ、大小二本差しにして
「うむ!やはりワシにはこの恰好が一番じゃ」
と頷く頑固者である。
妻子には、ことごとに、時代が変わっても武士の心を忘れないことが大事なのだと説く。
牛肉やラムネを嫌い(しかし一度食べればたちまちその美味しさに目覚める)、やたらと取り繕って、空威張りに威張っている。
典型的な明治の亭主関白である。

しかし、家族に威張りちらす男こそ、実は気が小さく根が優しい、というのは、でんぢらうとて同じこと。妻子の為に涙ぐましい努力もする。
犬猫も連れての「家族総出」で動物園見学にいこうとして、乗合馬車に犬猫の乗車を拒否されると、妻子だけを馬車に乗せ、自分は犬を引き猫を抱いて馬車の後を「ぬおぉ」と走る。
いざ動物園に着けば、子供はもちろん、妻まで肩車で動物を見せてあげ、迷子になった猫を探しまわり、最後には疲労困憊のあまり路上に倒れて爆睡。
こんなパパだから、どれほど威張ってみせても、妻子は笑ってついていくんだね。

杉作『日々是 犬猫かぞく』

杉作『日々是 犬猫かぞく』

男の片意地とペーソスをコミカルに描いた、ほのぼのファミリーコミック。
最初、明治初期の設定かと思った。
が、上野動物園にトラやゾウを見に行く場面もあり、上野動物園にトラが来たのは明治20年、アジアゾウ夫婦が21年だから、明治中期の時代設定ということになる。

明治中期といえば。
内閣総理大臣は伊藤博文、黒田清隆、等。明治22年には大日本帝国憲法発布、日本もやっと立憲君主国の仲間入りをする、文壇では、二葉亭四迷が「浮雲」(明治20年)で言文一致体の小説を発表、一方、その3年後に出た森鴎外「舞姫」はまだ堅苦しい文語体だった。

そう、文明開化の嵐が吹き荒れる中、江戸の文化風習がまだまだ残っている時代だった。良きにつけ、悪しきにつけ。
そして多分、日本人が、平成の今よりエネルギッシュで、理想が高く、活気あふれる時代だった。

中々面白く存知候(ぞんじそうろう)故(ゆえ)、是非御勧めな一冊にて御座候(ござそうろう)。

(2014.8.3.)

杉作『日々是 犬猫かぞく』

杉作『日々是 犬猫かぞく』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『日々是 犬猫かぞく』
―でんぢらう日記―

  • 著:杉作(すぎさく)
  • 出版社:リイド社
  • 発行:2013年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784845844029
  • 登場ニャン物:ミャー
  • 登場動物:ドン(犬)、うさ吉(ウサギ)

 

目次(抜粋)

第一話 父親は孤独で候
第二話 ハイカラな飲み物
第三話 動物園へ行く
第四話 薩摩の巡査
第五話 清太郎の作文
第六話 うさぎブーム
第七話 馬駆
第八話 ミャーの休日
第九話 優犬ドン
付録
日々是猫わずらい
後書き

 

著者について

杉作(すぎさく)

新潟県出身
1999年『イモウトヨ』で青木雄二賞受賞。
2000年『クロ号』(注:「号」は正しくは旧字体)(全9巻・講談社)でデビュー。
著作に『マル犬ロッキー』(前4缶・講談社)『コクロ』(全2巻・講談社)『ひとりの夜に』(幻冬舎コミックス)『猫なんかよんでもこない。』(実業之日本社)等がある。
公式ブログ『杉作島』 http://sugisaku.at.webry.info/ にて一コマ漫画を随時更新中!!

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

杉作『日々是 犬猫かぞく』

杉作『日々是 犬猫かぞく』
7.5

猫度

6.0 /10

面白さ

8.5 /10

猫好きさんへお勧め度

8.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA