書評:杉作『猫なんかよんでもこない。』

杉作『猫なんかよんでもこない。』

 

売れない漫画家を救った捨て猫たち。

オレ、26歳、プロボクサー(4回戦)。
漫画家のアニキのアパートに居候して、トレーニングに励んでいる。
もちろん、目指すは世界チャンピオン。

の、はずだったのに。

アニキが子猫の兄妹を拾ってきた。

「だってこのアパート ペット禁止だろ―」
「いや~ 死にそうで もらい手がみつかるまでサ」
「そんなカンタンにもらい手なんか見つかんのか? しらねーぞ オレ」

オレは反対したが、アニキは全然気にしないどころか、

「じゃ あとの世話 頼むぞ」

と、オレにあっさり猫の世話を押し付けやがった。

杉作『猫なんかよんでもこない。』

杉作『猫なんかよんでもこない。』

猫なんか好きじゃなかったけど、オレは無職で居候の身である。逆らえるわけがない。
しかたなく、猫達の世話をする。

と、ある日突然、無責任アニキ、なんと田舎に帰ってしまった!
オレと、わずかなお金と、猫たちをアパートに残して。

「世界を目指すオレサマが、ね、ねこの世話かよ・・・」

最初はジャマなだけだった子猫たち。
が、一緒に暮らしているうちに、どんどんオレの心に入ってくる。

オレは試合に勝ったが、怪我を負い、プロボクサーの道を断たれてしまった。
突然前途を絶たれ、ダラダラと日々を過ごす。
金もなく、職も無く、猫缶に醤油をかけて猫たちと一緒に食べるような生活(あとで獣医にやんわり止められる)。
世界チャンピオンの夢が、クロを近所の猫ボスにするという、あまりにささやかな夢にとって変われらる。
が、それさえ、かなうかどうかわからない。
クロは気弱な雄だった。

* * *

杉作『猫なんかよんでもこない。』

杉作『猫なんかよんでもこない。』

都会の片隅で、ひとりの男が、もがきながら暮らしている。
何も持たず、誰にも評価されず、猫たちだけを心の支えとして。

いや、猫たちは「心の支え」なんかじゃなかった。
もちろん、心も支えてくれたけど、さらに生活まで支えてくれたのだ。
収入の道を開いてくれたのである。

ボクシングを止めた男は、漫画家になろうと思い、せっせとボクシングマンガを描いた。
が、何回応募しても落選ばかり。
30歳を越えてもまったく芽が出ない男に、周囲は「もうあきらめろ」と放言する。

ところが、これを最後と半ばヤケクソで描いた猫マンガが、いきなり受賞したどころか、連載まで決まったのだ。
猫たちは、命を救われた恩を忘れていなかった。
雪の日に命を救われた捨て猫たちは、男を精神的にも経済的にも救ったのだ。

1コマ1コマに、猫への愛情を感じる。
男の行為に笑ったり、「そう、そう、猫ってそうよね」と頷いたり、ほろりときたり、涙したり。
男性漫画家の絵柄としては珍しいくらいに、猫たちは、額が大きく丸く、手足が短く、要は幼児体型なのだが、そのデフォルメにも愛情を感じる。
ボスの野良猫さえ幼児体型。
こんな愛らしい猫達が、しかし、野良として、非常に苛酷な生活を送っている。
まぁるい額の裏に隠された、情け容赦のない日々。
そのギャップにゾッとする。

とてもとてもお勧めです。

(2014.5.30.)

杉作『猫なんかよんでもこない。』

杉作『猫なんかよんでもこない。』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫なんかよんでもこない。』
その1~

  • 著:杉作(すぎさく)
  • 出版社:実業之日本社
  • 発行:2014年(その1)
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784408411644(その1)
  • 登場ニャン物:クロ、チン子、その他多数
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

第1章 捨てられました
第2章 我が家に猫がやってきた
第3章 オレはボクサー
第4章 夢やぶれて
第5章 君と暮らせば
第6章 チン子、恋をする
第7章 クロ、闘う
特別編 猫とクリスマス
第8章 バイト始めました
特別編 ダッシュ猫
第9章 傷だらけのクロ、ボスになる
第10章 挑戦の果て
第11章 ずっと一緒
特別編 なにげない日々

あとがき クロとチン子、そして兄貴に

 

著者について

杉作(すぎさく)

マンガ家。元プロボクシング選手。新潟県新潟市(旧亀田町)出身。
1999年『イモウトヨ』で青木雄二賞受賞。2000年『クロ号』全9巻『コクロ』全2巻『マル犬ロッキー』全4巻(講談社)『ひとりの夜に』(幻冬舎コミックス)等。

*公式サイト
「杉作村」 http://www9.ocn.ne.jp/~sugisaku/

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

杉作『猫なんかよんでもこない。』

杉作『猫なんかよんでもこない。』
9.5

猫度

9.5 /10

面白さ

9.5 /10

猫好きさんへお勧め度

9.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA