杉作『クロ號』1-9巻

杉作『クロ號』

 

ちっちゃくて真っ黒な体に、大きなお目目が印象的なクロちゃん。

元捨て猫クロと、その妹チン子と、クロ達を取り巻く猫たちのマンガ。

杉作『クロ號』

杉作『クロ號』

ある日、クロとチン子と弟は捨てられてしまった。幸い、クロとチン子は拾われる(弟は死んでしまう)。

拾ってくれたのは、むさくるしいおっさん。独身、アパート住まい、大雑把でいいかげんだがクロ達のことは可愛がってくれている。なんたらかんたらという名前はあるらしいけれど、クロ達は単に「ヒゲ」と呼び、メシツカイだと認識している。

クロは毎日外へ遊びに行く。そして色々な猫たちに出会い、様々なことを体験する。それらがすべてクロの視線から描かれている。人間も登場するが、あくまで脇役。主役は猫たち。ボスネコのマサルサン、ライバル(だった)オレンジ、初恋のマダラ、その他その他。

杉作『クロ號』

杉作『クロ號』

猫たちの生活がとても生き生きと描かれている。この作者は猫たちをしっかり見ていると思う。その一方で、野良猫の悲惨さや、無情な死もきちんと描かれている。変に感傷的にならずに、淡々と描かれているところが非常に良い。とても面白いネコマンガだと思う。自信を持ってお勧めできる。ただし、実際に猫を暮らす場合は、外出自由ではなく、完全室内飼いにしてね。

とってもお勧めな猫マンガです♪

*余談だけど、山岸涼子さんのマンガにもクロちゃんがちらっと登場していて笑ってしまった。山岸さんもクロ号のファンだそうだ。(『テレプシコーラ』第4巻の後ろの方で千花ちゃんに抱かれています☆)

(2005.6.30)

杉作『クロ號』

杉作『クロ號』

杉作『クロ號』

杉作『クロ號』

杉作『クロ號』

杉作『クロ號』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『クロ號』
1~9巻

  • 著:杉作 (すぎさく)
  • 出版社:ワイドKCモーニング講談社
  • 発行:2001年(第1巻)~2005年(第9巻)
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:4063374637 9784063374636(第1巻)
  • 登場ニャン物:クロ、チン子、オレンジ、ハイイロ、マダラ、マサルさん、コジロー、トラキチ、チョビ、他
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

杉作『クロ號』

9.2

猫度

9.5/10

面白さ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA