ティーク『長靴をはいた牡猫』(戯曲)

ティーク『長靴をはいた牡猫』

 

ドイツ・ロマン派作家が、あの猫を舞台化。

「小説(海外)」に分類しているが、正確には「戯曲」である。
ご存じ、民話「長靴をはいた猫」をベースとしたもの。

風刺に満ちたティークらしい作品だ。

舞台の上で舞台をやっている構成で、舞台上の観客が、演劇に、いちいち文句をつけたり、喝采したり、揶揄したりと、うるさく進行を妨害する。

ダブル舞台上で演じられているのはあの「長靴をはいた猫」そのままのストーリーなのだが、風刺されているのは、当時の文壇世相そのものであろう。

ごく短い戯曲なので、さらっと読めます。
気軽にどうぞ。

なお、ティーク(1773-1853年)は、ドイツ前期ロマン派を代表する作家。

(2002.4.21)

ティーク『長靴をはいた牡猫』

今は懐かしい、岩波文庫の、パラフィン紙カバー。古くなると、茶色に変色して、ボロボロになってくるんですよね。定価200円という価格設定もなつかしい。

ティーク『長靴をはいた牡猫』

短い劇だが、登場人物はけっこう多い。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『長靴をはいた牡猫』

  • 著:ルードウィヒ・ティーク Ludwig Tieck
  • 訳:大畑末吉
  • 出版社:岩波書店
  • 発行:1983年
  • NDC:942(ドイツ文学)戯曲
  • ISBN:4003244311 9784003244319
  • 126ページ
  • 原書:”Der gestiefelte Kater” 1979
  • 登場ニャン物:ヒンツェ
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

ティーク『長靴をはいた牡猫』

7.2

猫度

7.0/10

面白さ

7.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA