岩合光昭、他『海ちゃん』

岩合光昭、他『海ちゃん』

 

副題:『ある猫の物語』。

今やすっかり有名人となった、岩合さんの写真集。
文庫サイズの写真集でありながら、当時の猫愛好家の間では大評判となりました。
「海ちゃん」と書いて「かいちゃん」と読みます。

拙サイトにもコメントをいただいています。

【推薦:あんこ様】

言わずと知れた動物写真家の岩合さんちの長女「海ちゃん」。

逗子の自然に囲まれて、たっぷりの愛情につつまれて暮らした「海ちゃん」の姿がステキな写真と文で綴られています。

ここ2年間くらい私のベッドサイドにはいつもこの本が。
何度見ても読んでも心がホカホカになります。
私の精神安定剤みたいな本ですね。
(2002.4.17)

岩合光昭、他『海ちゃん』

岩合光昭、他『海ちゃん』

たしかに、ホントにかわいいんです。
ごく普通の茶トラブチの女の子。
白い部分が多く、茶トラ模様が頭やお尻、尻尾などにあります。
特徴的なのが、背中にある、茶色い点々ふたつ。

ちょうど肩甲骨のあたりに、茶色の水玉模様がポンポンとふたつ付いているでしょう。キューピッドの羽根のようにも見え、これを2人は「エンジェル・マーク」と呼んでいます。

可愛いんですけど、・・・
私としては今見ると、ちょっと、というか、かなり、ひっかかるんですよね・・・

海ちゃんの、お外での写真が多くあります。
木に登ったり、雪の中を歩いていたり。
そして、出産。

今も昔も、岩合氏は、「猫の野生性」を称賛しています。
絶賛しているといって良い。
そして、外にいる猫たち、子猫たちの写真を撮り続けています。
外で”自由に”暮らす猫達を、テレビで、マスコミで、感動的に語り続けています。

でも、現在社会は、飼い猫を自由に外にだしたり、好きに出産させることに、否定的であるべきだと思うのです。
猫愛護家の間では、この本が出版された当時から、完全室内飼い+去勢避妊を、強く推奨し続けてきました。
不幸な猫を増やさないために。

愛猫家の皆様。
写真は、おおいに楽しんでください。
でも、あなたの愛猫は、どうか完全室内(敷地内)飼いをして、かつ、適切な時期に去勢避妊手術をしてください。
あなたの猫を適切に管理することは、外猫・野良猫たちのためにもなります。
どうかお願いします。

岩合光昭、他『海ちゃん』

外でくつろぐ猫の親子。一見、微笑ましい光景ですが、このような猫たちが野良猫となり、猫トラブルに発展することにもなります。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『海ちゃん』
ある猫の物語

  • 著:岩合光昭・岩合日出子(いわごう みつあき・いわごう ひでこ)
  • 出版社:講談社・新潮文庫
  • 発行:1984年
  • NDC:748(写真集)フォトエッセイ
  • ISBN:4101198128 9784101198125
  • 174ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:海ちゃん、マリノ
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

はじまりに―prologue
いたずらざかり―growth
冒険で広がる世界―adolescence
プロポーズの群れ―maturity
真面目な子育て―motherhood
愛のある暮らし―tranaquillity
おしまいに―epilogue

猫の足音――田村隆一


ショッピングカート

 

岩合光昭、他『海ちゃん』

6.6

猫度

9.8/10

面白さ

6.0/10

猫好きさんへお勧め度

4.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA