秋月こお『王様な猫』

秋山こお『王様な猫』

 

住み込みバイトでいった先にいたのは、ヒョウサイズの巨猫3頭!?

〔注〕BL(ボーイズラブ)の徳間書店キャラ文庫で出ている本につき、18歳以上向け。

『王様な猫』シリーズ、第1弾。

主人公の名は、星川光魚(ほしかわみつお)。大学生。
父親はさすらいの動物写真家、母親は、動物を題材にしたイラストレーター。
小さい頃からいろいろな動物に囲まれた生活で、そのせいか、どんな動物にも受けが良い。
だから将来は、獣医になれだの、動物園の飼育係になれだのといわれる。
が、本人は、そういう職業は考えていない。「動物に好かれる」という特技を就職に役立てようなんて気はぜんぜんなかった。

ただ、ヒマな春休みの有効利用のつもりで、そのアルバイトに応募しただけだ。
アルバイトの内容は、2週間泊まり込みのペットシッター。

仕事先に鍋島家についた光魚は驚いた。
まずは豪邸ぶりに驚く。これ、ホントに個人宅?
そして、シッターする相手は、クロヒョウ!?
・・・と、見紛うばかりの、珍種、ヒョウサイズの巨猫3頭・・・

しかも、その猫たち、実はある種の?化け猫?みたいなもので。
つまり、人語をあやつるどころか、ヒト型に自由に変身できる猫たちで。
しかもしかも、中のひとり?(一匹?)が、光魚に恋をした・・・???・・・!!!

秋山こお『王様な猫』

秋山こお『王様な猫』

実はこの本、まさかBLとは知らずに買っちゃったのです。しかもシリーズ5冊をまとめ買い。
中身を確認できないのが、ネット購入のこわいところ。
猫が出てくる本というウワサだけでポチっちゃった。

読み始めてアララ~とは思ったけど、もう買っちゃったからには仕方ない。
BLには全然興味ないとはいえ、濃厚ラブシーンはどうのこうのなんて年齢でもないしね。
猫になっているときの描写部分はかわいいし。

というわけで、読みました。全5冊。
ハーレクインロマンスでさえ興味の無かった私、まして活字では初めてのBLだったけど。
ま、タマには良いでしょ(汗)。

『王様な猫のしつけ方』に続きます。

(2002.6.8)

『王様な猫』シリーズ

秋山こお『王様な猫』

秋山こお『王様な猫』

秋山こお『王様な猫』

秋山こお『王様な猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『王様な猫』
『王様な猫』シリーズ、第1弾。

  • 著:秋月こお(あきづき こお)
  • イラスト:かすみ涼和
  • 出版社:徳間書店 キャラ文庫
  • 発行:1999年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:41990000984 9784199000980
  • 225ページ
  • モノクロ挿絵
  • 登場ニャン物:ミミー、シマ、アルファ、ゼータ、シータ、シグマ
  • 登場動物:ダイスケ(犬)

 

 

著者について

秋月こお(あきづき こお)

7月生まれ、蟹座、AB型、神奈川県出身、熊本県在住。『やってらんねェぜ!』、『セカンド・レボリューション』、『アーバンナイト・クルーズ』、他。

『王様な猫』シリーズ

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

秋山こお『王様な猫』

8.3

猫度

9.5/10

面白さ

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA