庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』

庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』

 

レオナルド・ダ・ピッツィカート・フォン・フェリックス!。

イヌ派人間の庄司薫さん宅に、ある日ネコが居候に来た。
公称7.5キロ(実際にはもっとあるらしい)の堂々たる体躯の、8歳のシールポイント・シャム猫、その名もレオナルド・ダ・ピッツィカート・フォン・フェリックス!

庄司さんはとまどった。
レオナルド・ダ・ピッツィカート・フォン・フェリックスなんて名前はもちろん、愛称ピッツィだって、このネコには似合わない。
どう見たってタヌキだ。

そこで、TANUKI→TNK→タンクとなって、タンクローに落ち着いた。

「赤頭巾ちゃん気をつけて」等で知られる庄司さんの、ユーモアあふれるエッセイ集。
なんだかんだ言いながら、しっかりネコに洗脳されてしまっているところが楽しい。

ところで、庄司さんは、知る人ぞ知る「ピアニストになりたかった作家」。
ホロビッツを自称しているくらいだ。

そして、その奥様は「作家になりたかったピアニスト」の中村紘子さん。
そう、才色兼備の世界的ピアニスト。
クラシック音楽に興味のない人でも、カレーのテレビCMで、かつてお茶の間にはおなじみの顔だった。

そして、レオナルド・ダ・ピッツィカート・フォン・フェリックス、改名、タンクローは、もちろん、この紘子さんのネコちゃんなのだった・・・。

(2002.4.20)

庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』

庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』

庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』

庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ぼくが猫語を話せるわけ』

  • 著:庄司薫 (しょうじ かおる)
  • 出版社:中公文庫
  • 発行:1978年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:4122008735 9784122008731
  • 277ページ
  • カラー、モノクロ、口絵、挿絵、イラスト(カット)
  • 原書:
  • 登場ニャン物:レオナルド・ダ・ピッツィカート・フォン・フェリックス(ピッツィ)、別名タンクロー
  • 登場動物:

 


ショッピングカート

 

庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』

7.5

猫度

6.0/10

面白さ

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

8.0/10

庄司薫『ぼくが猫語を話せるわけ』” に対して1件のコメントがあります。

  1. nekohon より:

    【推薦:啓様】

    かおるさんちのにゃんこ「タンクロー君」のことなどをつづったエッセイです。タンクロー君はぽっちゃり型のシャムちゃんです。
    (2002。4。20)

    *サイトリニューアル前にいただいておりましたコメントを、管理人が再投稿させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA