映画『トマシーナの三つの生命』

ポール・ギャリコ『トマシーナ』

 

*トップ画像は、映画の原書ペーパーバックです。*

残念ながら私(サイト管理人)は見ていません。
掲示板の投稿を転載します。

【推薦:まめまま様】

古~い映画なのですが、子供の時見た映画で忘れられない映画があります。
「トマシーナの三つの命」という映画ですが(年齢が・・年齢が・・汗)
どなたか見られた方いらっしゃいますか?
犬一筋だった私が、猫もカワイイかも?と思った最初かな?と近頃気づきました。
典型的ディズニーストーリーなのですが、ディズニー実写版の中で、好きなのにあまり話題に上らない映画なんですよ~(涙)

ディズニーの実写版については、やらせであるとかの話題も登りますが、私は子供の頃から大好きで、あの頃は単純に、手に汗握り、ハッピーエンドに安堵し、と夢中でした。
「三匹荒野をゆく」も大好きですし、「砂漠は生きている」で、横向きに這うサイドワインダーというヘビが砂に描く模様の美しさに感動し、題名はど忘れしましたが、確かアシカかオットセイと一緒に暮らす物語もあって、普通の家の浴槽の中にオットセイがいる光景に憧れ・・・・
もちろん、クラシックスのアニメ作品も好きです。

年がばれますが、アメリカのテレビシリーズも、ラッシーとかリンチンチンとか、フリッパー・黒馬物語とか・・・
あの頃の動物ものって、単純なストーリー、解りきった結末、でもその単純さが素直に入ってきて、生き物と一緒に過ごすことが自然で、教えられなくても、慈しむ相手なのだと普通に感じ取り・・そんな作品であったと思います。
見ていらっしゃらない方々も、興味を持って下さってありがとうございます。
映像も、技術も古くても、単純な作り物でも、ココロが暖かくなるのが、この時代の作品だと思います。DVD出て欲しいです。
(2005.4.12)

*     *     *

【推薦:きな様】

きゃー!トマシーナの話題がっ!
まめままさん、私見てます~。去年、加入しているケーブルTVのチャンネルのひとつ、ディズニーチャンネルで放映されて、ようやく見ることが出来たんです。
ビデオにもDVDにもなっていないんですよね(涙)
トマシーナがオレンジ系のアメショなのと、やはりディズニーなのでご家庭向きにはなっていましたが、原作にかなり忠実に映画化されていました。
原作で何より好きな、ローリーがたいまつ掲げて「マクデューイよぉ!」の場面は無かったけど…涙
でも、ローリー役の女優さんがとても素敵でした。
ビデオ録画したんですけど、やはり「見たい」と切望していた知人に差し上げてしまったんですよね。。。
今度放映されることがあったら、必ず!

原作の『トマシーナ』は、トロンボーンさんの猫本ページにあるとおり、矢川澄子さんの訳で大和書房から『まぼろしのトマシーナ』、その後 角川文庫から『トマシーナ』(表紙絵が金子国義・手元にあるのはこれです)の邦題で出ていました。
これらは絶版ですが、現在では山田蘭さんの訳で創元推理文庫から出ています。
でも矢川さんの訳の方がずっといいの…。
(2005.4.12)

⇒書評ポール・ギャリコ『トマシーナ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『トマシーナの三つの生命』

  • The Three Lives of Thomasina
  • 1963年 アメリカ
  • ウォルト・ディズニー・プロ配給
  • 監督:ドン・チャフィ
  • 原作:ポール・ギャリコ
  • キャスト:パトリック・マクグーハン、スーザン・ハンプシャー、 カレン・ドートリス、マシュウ・ガーバー

 


ショッピングカート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA