ポール・ギャリコ『トマシーナ』

ポール・ギャリコ『トマシーナ』

 

その猫は安楽死させられたが・・・。

大和書房では『幻のトマシーナ』と和訳されている。

その題名の通り、今は幻の本となりつつあって、日本語の訳本は岩波書店版も大和書房版も「入手不可」、英語の原書ですら新刊は手に入らない。私が持っているのも、以前の所有者名が裏表紙に大書してある古本である。
が、最近ギャリコの『ジェニィ』などまた文庫で出てきているから、あるいは『トマシーナ』も出るかも知れない?

トマシーナは、あの有名な『ジェニィ』を大叔母に持つ、由緒正しい猫である。
また、母を亡くした幼い女の子の大事な大事な友達であり、母代わりであり、すべてでもあった。

その女の子の父親は獣医だった・・・と書くと、理想的な環境のようだが、この獣医はとんでもない男だったのである。
そもそも、トマシーナという名前さえ、最初はオスと勘違いされてトーマス(Thomas)と名付けられたのを、後に雌と判明したので、トマシーナ(Thomasina)と女名に替えただけだというおそまつさ。
ギャリコの登場人物としては異例な位に、この獣医は冷酷で、自分勝手で、他をかえりみない、鼻持ちならない男だった。

この獣医の一番得意とする治療法は「安楽死」だった。
そして、トマシーナもあっけなく安楽死させられてしまう。
この物語の本題は、トマシーナが「殺されて」から始まる。

しかし、とはいってもギャリコの本ですから、例によって、善だけで創られたような、とてつもなく善良な人物、というものも当然出てきます。
そして、最後は強い深い愛に囲まれます。

それにしても、ギャリコは「死と生のはざま」というか、「ぎりぎりの死から蘇る」というものが得意ですね。
ジェニィ』はピーター少年が生死の境をさまよっている間の話だし、『小さな奇跡』も蘇る話です。
中でもこの『トマシーナ』は、キリスト教的死生観が一番強くでているようです。

追記:その後、創元推理文庫から山田欄訳で再発行されました。

(2002.4.10)

*「トマシーナ」は映画にもなっています。
映画『トマシーナの三つの生命』

.

 

*私が持っているのは英語版ペーパーバックですが、以下の和訳が出ています。

『トマシーナ』 山田蘭:訳
創元推理文庫
ISBN:4488560016 9784488560010

ポール・ギャリコ『トマシーナ』

ポール・ギャリコ『トマシーナ』

『幻のトマシーナ』 矢川澄子:訳
大和書房
ISBN:4479520317 9784479520313

ポール・ギャリコ『トマシーナ』

ポール・ギャリコ『トマシーナ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『トマシーナ』

  • 著:ポール・ギャリコ Paul Gallico
  • 訳:-
  • 出版社:Penguin Books
  • 発行:1957年
  • NDC:933(英文学)小説
  • ISBN:0140021515
  • 249ページ
  • 原書:”Thomasina” c1957
  • 登場ニャン物:トマシーナ、タリサ、マックマードック、ウーリー、ドーカス
  • 登場動物:犬、ほか

 


ショッピングカート

 

ポール・ギャリコ『トマシーナ』

ポール・ギャリコ『トマシーナ』
9.3

猫度

9.5 /10

面白さ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

9.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA