與倉豪『猫』

與倉豪『猫』

 

細密ペン画で描かれた猫達の画集。

非常に細かいタッチで、毛の一本一本まで書き込まれています。
どこかなつかしい、ふつうの日本猫がほとんど。

それもそのはず、「街の人気もの」も多く描かれています。
床屋さんの看板猫。
喫茶店の看板猫。
仕立て屋さんの看板猫。
履物屋さんの看板猫。

猫たちは、大あくびをしていたり、にゃっころんと転がっていたり、よりそっていたり、ただ座っていたり。
ふわっとした毛並みが、いかにも柔らかそう。

ちょっと面白いのが、背景は白(というか、背景無し)の絵が過半数なのですが、背景が黒の絵もけっこうあるということです。
真っ黒ではなくて、いぶし銀ならぬいぶし黒?
ざらざらとした質感を感じさせるような、黒に白い点々が散った黒です。
満天の星空をも彷彿させる背景色です。

(2003.5.30)

與倉豪『猫』

與倉豪『猫』

與倉豪『猫』

與倉豪『猫』

與倉豪『猫』

與倉豪『猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫』

  • 著:與倉豪 (よくら ごう)
  • 出版社:学習研究社
  • 発行:2002年
  • NDC:726(画集)
  • ISBN:4054016170 9784054016170
  • 61ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:-

 

 

著者について

與倉豪 (よくら ごう)

神奈川県生まれ、東京造形大学美術学科卒。全国各地で個展/グループ展を開催。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

與倉豪『猫』

8.5

猫度

9.9/10

面白さ

7.0/10

画像

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA