ハーバート『猫の美術館』

ハーバート『猫の美術館』

 

名画を猫で描きなおすと?。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」や、ボッティチェルリ「ヴィーナスの誕生」、ミレーの「オフィリア」など、世界の超有名な絵画を、猫で置き換えちゃった♪

「ヴィーナス」は、白猫の無垢な恥じらいに。
「モナ・リザ」は、尻尾をかかえた猫の愛らしい笑顔に。
「ヘンリー8世」はもちろん、でっぷりとした茶トラ猫(うちのトロじゃありませんよ)。
「エリザベス1世の肖像画」のニャンコは、残念ながら(?)エリザベスカラーはしていにゃい★

ハーバート『猫の美術館』

ハーバート『猫の美術館』

私が一番気に入ったのは、ヤン・フェルメールの「牛乳を注ぐ召使い」(通常は「牛乳を注ぐ女」と呼ばれます)。
猫さんの表情が絵画にぴったり合っていると思いました。

それから、ゴッホの「自画像」も、雰囲気が出ていていい感じ。

ゴヤ「着衣のマハ」は、オリジナルは「着衣」の方が好きですが、この猫版はできれば「裸のマハ」の方で描いてほしかったなあ。ニャンコのモフモフおにゃかは、どんな衣装にも勝ると思うから!

それから、ドガの「踊り子」を取り上げるなら、あの一枚じゃなくて、もっと猫さんの猫らしい柔軟性が表現できる1枚で描いてほしかったデス。

スーザン・ハーバードの猫絵画は、コブラン織りのクッションカバー等にもなっているようですね。
ネットの画像で見ただけですが、画集よりコブラン織りの方が、猫がさらに魅力的に見えました。
私もあんなクッションカバーが欲しい!

(2011.10.23)

ハーバート『猫の美術館』

ハーバート『猫の美術館』

ハーバート『猫の美術館』

ハーバート『猫の美術館』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の美術館』

  • 著:スーザン・ハーバート Susan Herbert
  • 出版社:美術出版社
  • 発行:1990年
  • NDC:726(マンガ、絵本)絵画集
  • ISBN:9784568102871
  • 62ページ
  • カラー、モノクロ、口絵、挿絵、イラスト(カット)
  • 原書:”The Cats Gallery of Art” c1990
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

ハーバート『猫の美術館』

8.7

猫度

9.9/10

面白さ

7.5/10

画像

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA