安孫子三和『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』

安孫子三和『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』

 

人間語を話して、立って歩いて踊る猫

『みかん・絵日記』は、1987年~1995年、少女漫画雑誌『LaLa』に掲載。単行本は全14巻。1992年にはテレビアニメにもなった(私は見ていません。すみません)。

そんな有名なシリーズだし、昔は単行本をほぼ全冊持っていたはずなのだけど、紛失してしまいました。
正確には、あるところにマンガ単行本をまとめて貸与したのですが、知らないうちに全部処分されていたのです。今思い出しても悔しい。本を捨てる習慣が無い私はあくまで「貸しただけ」のつもりだったのに、本を取っておく習慣のない人は、読み終わった本は不要という認識だったようです。本を他人に貸してはいけません。

そんなことはさておき。

今、手元には『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』だけが残っています。
でもこの1冊だけでも十分感動できる名作であります。

みかんは、猫です。
猫なんですが、立って歩いて、人間語を話すことができるばかりか、字も書けちゃうというスーパーキャット。
本人(本猫)は「すこし賢いだけ」と言いますが、そんなレベルじゃない!

安孫子三和『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』

安孫子三和『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』

でも、やっていることは、猫なんですよね。
そのギャップがまた良かったりして。

私が、そして多分、もしうちの猫が読むことができたら、そうだそうだと頷いただろう部分。
それは、猫のシゴトとは、人を愛し幸せにすることだというくだりじゃないかと思います。
これは、「ねこまた・クラブ」に出てくる「ヨモさん」という超高齢猫の教えです。

ヨモさんはとても不思議な猫で、不思議な力の持ち主でもあります。ほぼ「ネコマタ」?
ヨモさんは、猫たちにに尊敬され、ヨモさんが開く集会には3桁もの猫たちが集まります。
集まった猫達にはちょっと秘密もあったりして。
でもそれは、読んでのお楽しみ。

猫たちは擬人化されていますが、猫たちの世界がよく描かれているとも思います。
ただ残念なのは、どうも著者は「猫は外に出す方が良い」の主張のようで。
猫がいない路地裏なんて寂しいとか。
お外から帰ってきたときの猫の笑顔が最高だとか。

人間の子どもでさえ、自由に外を歩きにくい世の中です。
猫は完全室内飼い(完全敷地内飼い)してください。
どうか、それだけは是非お願いします。

安孫子三和『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』

安孫子三和『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』

  • 著:安孫子三和
  • 出版社:白泉社
  • 発行:2008年~
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784592888116
  • 317ページ
  • 登場ニャン物:みかん(トム)、ミズイロ、ヨモ、クロブチ、カルマ、にゃんぺし、タマ、伽羅(きゃら)、ココロ、、ニケ、他多数
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

水色の猫
ねこまた・クラブ
テレビ大明神
きのこ110番
如月パーティー
雪パラダイス
路地裏探検隊
ハートのココロ
れんげ三輪車
みかんの花咲く丘
あとがき みかんちゃん

解説――群ようこ

 


ショッピングカート

 

安孫子三和『みかん・絵日記 特別編・・・第1巻』

9.2

猫度

9.5/10

面白さ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA