曾野綾子『飼猫ボタ子の生活と意見』

曾野綾子『飼猫ボタ子の生活と意見』

 

深い人生論ともいえる名著。

『ボクは猫よ』の続編ともいえる内容だが、別にストーリーがつながっているという程ではなく、どちらを先に読んでもかまわないだろう。

小説家夫婦の裏見成平・阿野文子と、その夫婦と同居している猫、という設定は同じ。
『ボクは猫よ』では雄猫だが、『ボタ子』では雌猫だという程度の違いしかない。
『ボクは猫よ』がかなり観念的な小説だったのに対し、『ボタ子』ではもっと具体的な話が多くでてくる。
キリスト教にからんだものが多いのだが、世の不条理や矛盾を鋭く突いていて、ドキっとさせられる。

個人的には『悲しみのポスト様』の話が一番印象深かった。
私も、身近な人に腹を立てたり大きく感情を害されたりすると、慈善事業や保護活動にありったけの寄付をする癖がある。
寄付というのは、寄付された側よりも、寄付した側の方がより多く救われる場合が多いのだ。
だから私にとって寄付行為とは、利他行為のようでいて実は恐ろしく利己的な行為なのである。
曾野さんの『悲しみのポスト様』は、私とは少し違うけれど、でもその心理がものすごく良く理解でき、とても哀しくて、すごくさわやかで、カッコイイ老婦人だと思う。
もし私がこの老婦人の立場だったら、きっと同じような事をしたにちがいない。

全体的には『ボクは猫よ』よりさらに洗練されていて、とても読みやく、滑稽で、知的ゲームのような面白さがあり、それでいて人生への深い洞察力が伺える。
名著だと思う。

(2002.8.24)

曾野綾子『飼猫ボタ子の生活と意見』

曾野綾子『飼猫ボタ子の生活と意見』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『飼猫ボタ子の生活と意見』
副題、シリーズ名など

  • 著:曾野綾子 (その あやこ)
  • 出版社:河出書房新社・河出文庫
  • 発行:1994年
  • NDC:914.6(エッセイ・随筆)エッセイ
  • ISBN:4309404995 9784309404998
  • 265ページ
  • 登場ニャン物:ボタ子、目脂
  • 登場動物:‐

 


ショッピングカート

 

曾野綾子『飼猫ボタ子の生活と意見』

9.2

猫度

9.0/10

面白さ

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA