フォーグル『猫の救急マニュアル』

フォーグル『猫の救急マニュアル』

 

チャートで判断。

愛猫が突然、発病したとき。
思いがけない怪我をしてしまったとき。

動物病院へ駆け込めれば良いのですが、なかなかそうもいきません。
夜間救急病院なんて大都市にしかありませんし。
もしあったとしても、遠ければ、それまでに応急手当が必要となるかもしれません。

そんなときに、役立つ一冊です。
猫が、どんな様子ならより深刻なのか。
どこを見ればよいのか。
なにを調べればよいのか。
人工呼吸の仕方や、心臓マッサージのしかた。
止血のコツ、副え木の当て方。

原因をつきとめるには、チャートが便利そうです。
たとえば、呼吸の章で、チャートの質問事項は

  • 猫の呼吸をチェックします。息を切らせている?
  • つらそう?
  • 速い?
  • とても遅い?
  • 浅い?
  • ぜいぜいいう?
  • 咳をする?

などの質問に、「はい」「いいえ」で答えて進み、「すぐ獣医へ」「歯茎が白い、脈拍が速い=すぐ獣医へ」「その日のうちに獣医へ」「24時間たっても咳がでるなら電話でアドバイス」他の、答えが用意されています。

このような細かい質問や注意事項が、嘔吐、感電、刺し傷、中毒、凍傷、熱射病、火傷、その他のさまざまな症状にたいして書いてありますので、何かあったとき、かなり役立ちそうな本です。
さらに、食事や去勢避妊、薬の飲ませ方、目薬の差し方、救急用品、その他、猫と暮らす上で貴重なアドバイスがいっぱいあります。

愛猫のために、家に一冊備えておくと心強い本です。
(でも使いたくない本です。健康で元気に暮らしてほしいですものね)

フォーグル『猫の救急マニュアル』

フォーグル『猫の救急マニュアル』

フォーグル『猫の救急マニュアル』

フォーグル『猫の救急マニュアル』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の救急マニュアル』
チャートで判断

  • 著:ブルース・フォーグル Bruce Fogle
  • 監修:小方宗次(おがた むねつぐ)
  • 訳:太田收(おおた おさむ)
  • 出版社:八坂書房
  • 発行:1995年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4896946715
  • 213ページ
  • モノクロ
  • 原書:”First Aid for Cats (What to do when Emergencies happen)” c1995
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:-

フォーグル『猫の救急マニュアル』

フォーグル『猫の救急マニュアル』裏表紙

 

目次(抜粋)

  • 日本語版監修にあたって 小方宗次
  • はじめに
  • 謝辞
  • 第1部:応急手当の要点
    • 応急手当とは何か?
    • まず最初にすること:応急手当の基本
    • 猫の検査の仕方
    • 呼吸の観察
    • その他
  • 第2部:次にすること
    • 獣医が必要な場合と、その時期の判断(記号の説明)
    • より詳しい検査
    • 全身の検査をいつ、んぜ、どのように行うか
    • 体温の計り方
    • その他
  • 第3部:非常事態
    • 応急手当の原則
    • 第3部の使い方
    • 意識がある猫の応急手当(五十音順に配列)
    • 足先の腫れ
    • その他
  • 第4部:非常事態を防ぐために
    • 非常事態を減らす方法
    • 迷子になった時の用心
    • 訓練と運動
    • 予防接種
    • その他
  • 索引

 

著者について

ブルース・フォーグル Bruce Fogle

獣医学博士。カナダのトロント生まれ。現在ロンドンで開業中の世界的に有名な獣医師。イギリスで最初の動物救急病院を設立、また英「デイリー・テレグラフ」紙にコラム蘭を持つなど幅広く活躍中。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

フォーグル『猫の救急マニュアル』

8.1

猫度

9.8/10

面白さ

6.0/10

お役立ち度

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA