宮川優一『猫の腎臓病がわかる本』

宮川優一『猫の腎臓病がわかる本』

副題:「飼い主が愛猫のためにできること」腎臓病専門の獣医師が、最新の情報と猫との暮らし方を解説。

著者の宮川雄一氏は日本獣医生命科学大学の准教授で、付属動物医療センターで腎臓科・循環器科を担当。イヌ・ネコの腎臓病・泌尿器疾患、体液・酸塩基平衡を研究されているという、「ネコの腎臓病」の専門家です。

そんな「腎臓病の専門家」が書いた本ですが、内容は誰でも読める本となっています。医学や獣医学の知識のある読者であればもしかしたら物足りなく感じるかもしれないくらいに、やさしく書いてあります。レントゲンやエコーの画像とともに、複数の症例が紹介されていますし、フードなども実際に販売されている商品たちが具体的に取り上げられていて、参考になります。

飼い主が愛猫のどんなところに気をつけたらよいか、病気ごとに健康チェック欄があるのも良いですね。ここまでこまかく注意点が書いてある本はあまりありません。

ところどころに挿入されているイラストもかわいくて癒されます。

猫と腎臓病は、切っても切れないと言ってよいくらい、深い関係にある病気です。どれほど嫌でも、猫とはそういう動物ですので、仕方ありません。愛猫が長生きしてくれればくれるほど、腎臓病のリスクは高まってしまいます。本当なら「猫のブリーダー」たる者とは、鼻をつぶしたり耳を折ったり足を短くしたりするのではなく、腎臓病になりにくい猫を作り出すべきじゃないでしょうか!?

宮川優一『猫の腎臓病がわかる本』

現在、私の愛猫ハナは17歳と高齢で、腎臓もかなり悪くなってしまいました。週2回は通院して点滴してもらい、薬も朝晩飲んでいます。通院や投薬は、猫には相当なストレスになっていることでしょう。それでも可哀想に、良くはなりません。進行をできるだけ遅らせているだけです。

また、費用も馬鹿になりません。病院代+療法食代+ガソリン代(片道27km)だけでなく、通院にかかる私の時間ロスも正直無視できないレベルです。自営業ですから通院に時間を奪われればその分、睡眠時間を削るか収入をあきらめなければなりません。

それでも、私は時間の自由が利く自営業だからこそ、通院が続けられるのだともいえます。会社勤めで帰宅時間が遅い人であれば、とてもじゃないが無理でしょう。愛猫が目の前で苦しみつつじわじわと弱っていくのをただ眺めるしかできない、それは大変につらいことです。

そんな悲しい思いをしないですむよう、すこしでも愛猫に健康に長生きしてほしいと願うならば、ぜひこの本を入手してお手元に置いてください。図書館で借りるとかではなく、家に常備されることを、私としては強くお勧めします。そしてたびたび読み返して、愛猫の腎臓を守ってあげてください。

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

ショッピングカート

目次(抜粋)

はじめに

第1章 猫と腎臓病には深い縁がある

猫の腎臓病は謎だらけ
「慢性腎臓病」ってなに?
泌尿器のしくみを知ろう
泌尿器疾患の原因と予防
気をつけたい下部尿路疾患
いろいろな腎臓病

COLUMN.1 うちの猫、よkじゅ吐いているんだけど・・・
COLUMN.2 猫のストレス要因
COLUMN.3 突発性膀胱炎の薬
COLUMN.4 下部尿路疾患に配慮したフードは予防になる?
COLUMN.5 腎臓が未形成で生れることも
COLUMN.6 慢性腎臓病にサプルメントは効く?
COLUMN.7 猫の一生

第2章 腎臓病を遠ざける暮らし

猫のストレスを見つける
水飲みのくふう
ウェットフードで水分補給
おしっこは健康のバロメーター

口コミ隊が行く!

好きな水の飲み方は?
ウェットフード試食会
ボク、ワタシの好きな遊びはこれ

COLUMN.8 猫の適正なエネルギー量

第3章 もしかして、腎臓病?

検査周知の意味と見方
腎臓病の治療はどう進む?
腎臓病の合併症
「リン」の制限
慢性腎臓病の症例

COLUMN.9 数値は目安。でも数値を見なければ始まらない
COLUMN.10 腎臓病の猫の体重管理
COLUMN.11 人の食べ物はたまに、少しだけ

第4章 腎臓病と生きる

早期ステージで長生きする!
食事を生きる力に
療法食を食べてくれないとき
腎臓病の薬
薬の飲ませ方
治療の期間、費用の目安
猫の人工透析と腎臓移植
慢性腎臓病のステージが進んだら
獣医師として「死」について考える

COLUMN.12 投薬サポートアイテム
COLUMN.13 健康診断で早期発見
COLUMN.14 多頭飼いは慎重に

巻末

食材の栄養成分
不調、病気、ストレス要因のチェック一覧
さくいん
メーカー問い合わせ一覧

宮川優一『猫の腎臓病がわかる本』

『猫の腎臓病がわかる本』

飼い主が愛猫のためにできること

  • 著:宮川雄一(みやがわ ゆういち)
  • 出版社:女子栄養大学出版部
  • 発行:2020年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)獣医学
  • ISBN:9784789548359
  • 109ページ
  • 挿絵、イラスト(カット)
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:-
ショッピングカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA