福留孝『ネコの家庭医学』

福留孝『ネコの家庭医学』

 

著者は大阪府豊中市 フクドメ動物病院院長。

1992年発行と、今となっては少し古い本となってしまいましたが、今見ても、わかりやすい本です。

昔は、獣医学の本といえば、やたら難しく書いてある本が多かったように思います。でなければ、人を馬鹿にしているのかというような、あまりに簡単に書かれた本。
でもこの本は、平易な文章でわかりやすく書いてありながら、内容的にはしっかりしたものです。
さすが、日常的に一般の飼い主さん達と接している先生と思います。
お父さんお母さんだけでなく、お婆ちゃんと小学生のお孫さんも全員目の前に並べて、こうこうですよと説明して、家族全員がその説明で分かってくれるような、そんな説明。
ポイントはおさえつつ、無駄に専門用語を並べたり、相手が退屈するほど冗長になることもない、その辺がとてもうまいと思います。

今はネットでちょっと検索すれば、膨大な情報を得ることができる時代となりました。
でも、本にはネットにない使いやすさというものがあります。
本棚に置いておいて決して損はない一冊だと思います。

福留孝『ネコの家庭医学』

福留孝『ネコの家庭医学』

福留孝『ネコの家庭医学』

イラスト豊富で読みやすい本です。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ネコの家庭医学』

  • 著:福留孝(ふくどめ たかし)
  • 出版社:保育社
  • 発行:1992年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4586611154 9784586611157
  • 157ページ
  • モノクロ挿絵、イラスト(カット)
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

第1章 愛猫の栄養と食事
第2章 肥満と減量
第3章 伝染病の予防と対処
第4章 嘔吐・下痢を伴う疾患
第5章 皮膚の疾患
第6章 耳と眼の疾患
第7章 歩行異常を示す疾患
第8章 くしゃみ・咳、呼吸困難
第9章 繁殖生理と出産
第10章 避妊手術と去勢手術

Q&A 目次
食事に関する色々な疑問
ワクチネーション
嘔吐・下痢
皮膚の異常
皮膚のしこり
耳の異常
眼の異常
歩行異常
くしゃみ・咳・呼吸困難
繁殖生理と出産
避妊手術と去勢手術

 

著者について

姓名 (ひらがな、spell)

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

福留孝『ネコの家庭医学』

8.2

猫度

9.8/10

情報度

8.0/10

わかりやすさ

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA