斎藤文治監修『かわいい猫の飼い方BooK』

斎藤文治監修『かわいい猫の飼い方BooK』

 

副題:病気・しつけ・手入れ・食事・健康管理。

はじめて猫を飼う人に良い本だと思います。

発行は1996年。今から20年以上前に書かれた本です。
そのためでしょう、その内容は、私的にはちょっとひっかかる点も多いのですが・・・

何がひっかかるかと言いますと、ネコを飼い始める部分です。

『PART1-5 子ネコはどこで求めるの?』(page20)と、いきなり、あまりに当然という感じで「子ネコ」と書いてあること。
人は必ず子ネコから飼い始めるものだ、そうに決まっているでしょ、みたいな導入に、私なんかはちょっとカチンと来てしまうのです。
どうして子ネコなの?
どうして大人猫や高齢猫という選択肢がないの?

そして、迎える場所の筆頭が「ペットショップ」。
『ローンがきくところが多いので便利です』という文章にもカチン。
アイフ〇のCMじゃないけど、初期資金も用意できない人間に、ペットを購入して欲しくないのです。
だって、お金がかかるのは、購入後なんですから。
もしその子に病気が見つかったら?動物病院の治療費は何万何十万って軽くかかっちゃいますよ。
最初の購入時からローンを組むような資金計画で、どうやって治療費を工面するの?

ペットショップの次がブリーダー、それからキャットクラブ、そしてやっと、「雑種が欲しいときは」近所の獣医さんや保健所、愛護団体などに頼んでおきましょうと書いてある。
なんだかなあ。

ここは猫愛護サイトです。書評などを色々書いていますが、根本は猫愛護サイトだし、そこだけは何があっても譲れません。
その、猫愛護サイト管理人としての意見ですが、

猫が欲しい人は、まず、里親になることから検討して欲しいんです!!
どうか、どうか、お願いします。

この本は、その後も、どんな子ネコを選べばよいのか、とか、ネコの種類と性格、と続いていて。
不幸な猫たちへの配慮とか、思いやりとか、そういうのが読み取れなくて。

なので、高い評価はつけられません、すみませんが。
繰り返しますが、ここは猫愛護サイトですので。

そういう点以外は、色々役に立つことも多い本なんですけれどね。
それだけに残念です。

斎藤文治監修『かわいい猫の飼い方BooK』

斎藤文治監修『かわいい猫の飼い方BooK』

斎藤文治監修『かわいい猫の飼い方BooK』

大人猫を引き取る選択肢も示してほしかった

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『かわいい猫の飼い方BooK』
病気・しつけ・手入れ・食事・健康管理

  • 監修:斎藤文治
  • 著:井下優子
  • 出版社:梧桐書院
  • 発行:1996年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4340051020 9784340051021
  • 191ページ
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

PART1 ネコと暮らす前に
PART2 さあ、ネコがやってきた!
PART3 ネコのごはんあれこれ
PART4 ネコの健康相談室
PART5 ネコの美容と上手な手入れ
PART6 ネコとのシャレたおつき合い
PART7 困ったきとのトラの巻
PART8 妊娠と出産
PART9(付録) 老後も楽しく健康に

 

著者について

斎藤文治

獣医師。麻布獣医専門学校卒。1947年より獣医衛生並びに畜犬保健所行政に従事。退職後、ナチュラリストとして、国内外の動植物の研究に力をそそぎ、取材国はアメリカを主に30か国に及ぶ。

井下優子

熊本大学法学部哲学科卒。現在、自然・動物関係の記事を雑誌等に多数掲載。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

斎藤文治監修『かわいい猫の飼い方BooK』

7.6

猫度

9.8/10

情報度

7.5/10

わかりやすさ

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

5.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA