辻真先『アリスの国の殺人』

辻真先『アリスの国の殺人』

 

チェシャ猫を殺したのは誰?編集長を殺したのは誰?。

綿畑は、ある2流出版社のマンガ誌の編集者。
でも彼が好きなのは児童文学。
愛読書は『不思議の国のアリス』
愛読書というより、アリスは恋人、アリスが好き過ぎて結婚したいと思っていたくらい。
もちろん、物語の中のアリスと、生身の綿畑が結婚できるわけがないことはわかっていたけど。

なのに、結婚する夢を見ました。
実にリアルに。

そして、その夢の中で、チェシャ猫が誰かに殺され、実生活では猫のチェシャは生きているが、かわりに(?)編集長が誰かに殺されてしまいます。

実生活の方は、まあ、ふつうの推理小説風に進んでいきます。
可笑しいのは、夢の世界、おとぎの世界の方。

アリスの世界と、日本の昭和のマンガの世界がドッキング。
不思議の国に、女王や三月兎や帽子屋がいるのはもちろんのこと、なぜかニャロメやヒゲオヤジが威張っていたり、鉄人28号が地響きとともに現れたり。
そして、言葉遊び。
そう、ルイス・キャロルの本のように。

まずはダジャレのオンパレード。
たとえばこんな具合。

ネコの尻尾をふんづけた
キャットいって逃げ出した
けれどチェシャは智恵者ネコ
ふまれる前に逃げるだろう(後略)
page140

しりとりや、クロスワードも。

(前略)
るとお前、チェシャ猫が姿を消すことも知らんのだ
、なんですっ!」
んで鈍い
っとしない顔で、ヒゲオヤジはひげをひねりました。
しかにしたいはここにあるわ
(後略)
page74

この調子で約4ページも続けるんですから、すごいとしか言いようがありません。
見る方は一瞬で気づく言葉遊びでも、考え出す方は相当時間がかかったのではないでしょうか。

童話も、昭和のマンガも知り尽くした人なら、もう楽しめること間違いなし。
とくに『アリス』ですね。
『不思議な国のアリス』を、子供だましの和製絵本ではなく、原文または原作を忠実に訳した和訳で読んだ人。
そういう人なら、きっと大受けするでしょう!

そして、・・・

こんなに楽しく、良い意味でふざけた内容の本が、まさかあんなエンディングに続くとは。
予想だにしなかったです。びっくり。

私の読後感は、芥川龍之介の『地獄変』みたい、でした。
選びぬかれた言葉と文章、そして、芸術至上主義ともいえる顛末。

本はあそこで終わってしまいましたが、このあと、彼はどうなっちゃうんでしょうね?
気になります・・・

辻真先『アリスの国の殺人』

辻真先『アリスの国の殺人』

辻真先『アリスの国の殺人』

辻真先『アリスの国の殺人』小気味よいほど、思い切り、言葉遊び♪

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『アリスの国の殺人』

  • 著:辻真先(つじ まさき)
  • 出版社:徳間書店 徳間文庫
  • 発行:1990年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4195691052 9784195691052
  • 316ページ
  • 登場ニャン物:チェシャ、ニャロメ
  • 登場動物:ウサギ

 


ショッピングカート

 

辻真先『アリスの国の殺人』

7.3

猫度

6.0/10

面白さ

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

辻真先『アリスの国の殺人』” に対して1件のコメントがあります。

  1. nekohon より:

    【推薦:にゃぐ様】

    主人公・綿畑克二が夢と現実に挟まれて、殺人事件に巻き込まれていく。

    スナック「蟻巣」に住み着いている雄猫チェシャの可愛くない鳴き声と、克二の次々と見続ける夢の駄洒落と言葉遊びがしゃれている、大人のミステリー。

    昭和30年代の漫画の主人公と、童話の登場人物満載の一冊。

    (2002.5.6)

    *サイトリニューアル前にいただいておりましたコメントを、管理人が再投稿させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA