斉藤昭男『ネコのサインを見逃すな』

斉藤昭男『ネコのサインを見逃すな』

 

猫のボディーランゲージを理解しよう。

写真を豊富に使い、ネコの‘サイン’を説明した本でです。

まず、「ネコの行動から見たサイン」。
鳴き声やポーズ、しぐさから、ネコの気持ちを推察します。例えば、耳であれば、‘立てる、動かさない=平常心’ ‘立て、やや前に倒す=安心、注意’ ‘立て、わずかに動かす=不安、服従’等々、耳だけで7つの動かし方とそのときの精神の状態が書いてあります。

第2章は「感覚から見たサイン」。
視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚を、それぞれ解剖図つきで説明。

第3章は、「症状から見たサイン」。
様々な病気・症例の写真が80枚以上。それぞれ、どのような病気・症状である可能性があるか、表になっています。私のような獣医学素人には、見たくはないけど、家には置いておきたい写真の数々です。イザという時に役に立つかもしれません。もっとも、「サイン」の本だから、治療法などは書いてありません。症状名だけの列記です。

この章は、気の弱い方は見ないでください。

かなり可哀想な写真も多々あります。敏感な方は直視できないかもしれません。
でも、もし猫ボランティアに係わりたいのであれば、どうか直視してください。こういう猫達を保護することは、全然めずらしいことではないのですから。野良猫・外猫はもちろん、誰かの飼い猫であっても、このような状態で放置・遺棄されることがあるのです。多頭飼育崩壊現場では、こういう状態のほうがふつう、もっと悲惨な姿を見つけることもよくあります(涙)。

第4章は「繁殖のサイン」。
出産を控えたネコがいる家では、8ページにわたる「妊娠」および「出産」のページはありがたいでしょう。
もっとも、良識ある飼い主であれば、愛猫は避妊・去勢手術しているはずだから、このページが利用されるのは、飼い猫ではなく、野良猫を保護した場合等に限られる(はず)とは思いますけどね★

第5章は「ネコと人間の標準年齢換算法」。

全体的には、わかりやすくまとめてあると思います。下手な長文の説明をさけ、サイン(しぐさや表情など)に注目している点がとてもよいと思います。
特に猫語がまだよくわからない猫初心者さんにお勧め。
ある程度猫と暮らしている人なら、これらの猫語はすでに理解されてますよね?

(2002.7.7)

斉藤昭男『ネコのサインを見逃すな』

斉藤昭男『ネコのサインを見逃すな』

斉藤昭男『ネコのサインを見逃すな』

斉藤昭男『ネコのサインを見逃すな』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ネコのサインを見逃すな』
副題、シリーズ名など

  • 著:斉藤昭男
  • 監修:鈴木立雄
  • 出版社:株式会社アドスリー
  • 発行:2001年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4900659606 9784900659605
  • 157ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

第1章 ネコの行動から見たサイン
第2章 感覚から見たサイン
第3章 症状から見たサイン
第4章 繁殖のサイン(発情~交尾~妊娠~出産)
第5章 ネコと人間の標準年齢換算法
参考図書

 


ショッピングカート

 

斉藤昭男『ネコのサインを見逃すな』

8.2

猫度

9.8/10

面白さ

7.0/10

情報度

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA