ケイ『白い犬とワルツを』

ケイ『白い犬とワルツを』

 

妻を亡くした老人は・・・。

57年間連れ添ってきた妻が、死んだ。

心臓麻痺で苦しまずに逝けたのが幸いだった。
サム・ピークは家に独り残された。
脚が悪く、歩行器にすがってゆっくりと歩く。ビスケットの焼き方もわからない。

しかし、サムには7人もの子供達がいた。
さらにニーリーもいた。昔からピーク家を手伝ってきた婦人である。
もう良い歳だが、サムよりはよほどしっかりしている。
少々、いや、かなり口うるさい。

子供達、特に隣に住む娘達はパパに尽くし、毎日通って世話をした。
他の子たちも電話一本でたちまち駆けつけた。
婿達も優しかった。
ニーリーも頻繁に訪れた。
最愛の妻を亡くしたとはいえ、決して不幸な状況ではなかった。

むしろ現代社会では滅多に見られない、どこまでも仲の良い幸せな大家族だった。

それでもサムは淋しかった。わびしかった。もう妻はいないのだ。

そんなサムに近づいてきた、一頭の白い犬。

こんなに白い犬は見たことがない。吠えないし、何故か他の犬も吠えつかない。
サム以外の人間の前には姿を現さない。

ああそうだ、昔々、妻のコウラが拾って育てた犬も、こんな真っ白い犬だった・・・

ケイ『白い犬とワルツを』

ケイ『白い犬とワルツを』

*****

現代版おとぎ話、夢物語とでもいいましょうか。
この本がベストセラーになったのもわかります。
こんな老後を過ごせたら、と、誰もが憧れずにいられないような、愛に満ちた家族です。
特に男性には夢の老後だろうなあと思います。
パパが心配でお節介なほどに世話焼きな娘達、頼りになる息子達。
すぐ隣に住んではいるけれど、お互い独立はしていて、男としてのプライドも持ち続けている。

これだけ恵まれているなら、白い犬まで必要でないのでは、と言いたくなるような環境です。

それでも、サムには白い犬が必要だった。
それほどまでに妻コウラを愛していたということでしょう。
それとも、コウラがそれほどまでに夫を愛していたということでしょうか。

白い犬の正体は、なんだったのでしょうか。

(2010.3.9.)

ケイ『白い犬とワルツを』

ケイ『白い犬とワルツを』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『白い犬とワルツを』

  • 著:テリー・ケイ Terry Kay
  • 訳:兼武進(かねたけ すすむ)
  • 出版社:新潮社 新潮文庫
  • 発行:1995年
  • NDC:933(英文学)小説
  • ISBN:4102497021 9784102497029
  • 272ページ
  • 原書:”To Dance With The White Dog” c1990
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:犬

 

著者について

テリー・ケイ Terry Kay

1938年、米国ジョージア州生まれ。ウエスト・ジョージア大学からラグランジュ大学卒。地元の雑誌に映画や演劇の批評を寄稿したりしたあと、処女作『明かりがついた年』を発表し、本書で全米に知られる作家となった。イーモリ大学で創作の指導も行う。現在アトランタに愛妻と住んでいる。

訳者 兼武進(かねたけ すすむ)

東京大学英文科卒。現在は跡見学園女子短期大部教授。訳書は他に、ジョージ・クレア『ウィーン最後のワルツ』等。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ケイ『白い犬とワルツを』

6.3

動物度

6.0/10

面白さ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

4.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA