松本英子『ウチのハナちゃん』

松本英子『ウチのハナちゃん』

 

暴れん坊猫ハナちゃんの、暴れっぷりをユーモラスに。

うちにも「ハナ」という名前の猫がいる。
音が同じなだけでなく、カタカナ表記も同じとなれば、このマンガ、買わずにはいられまい。

同じなのは名前だけだったようだ。模様や生活習慣などかなり違う。マイペースなところは同じだが、猫はどの子もマイペースだから、共通事項とは言えないだろう。

マンガのハナちゃんは白が多いブチ三毛。女帝。狩りがうまい。
ハナちゃんをもらってきたのは「母」だが、その時の性格描写がすごい。

人が来ると唸る暴れる引っかく噛みつく!まるで化け猫
page32

産まれた家の人たちにこんな言われ方をされ、しかし

母が この正直が気にいったらしい
page32

大暴れする子猫を嬉しそうに貰ってきちゃった。

松本英子『ウチのハナちゃん』

松本英子『ウチのハナちゃん』

その後、ハナちゃんは、子猫の頃の性格そのままに成長する。

しかし、このハナちゃん、実はすごい「福猫」だった!
失業中の「お姉ちゃん」がなんとなく受けた倍率57倍の某社になんと採用される。
さらにその後、マンガのネタにもなる!

そんなハナちゃんに、「母」も「お姉ちゃん」もメロメロだ。
引っかかれても、無視されても、ハナちゃんが可愛くてならない。

マンガの絵は、はっきりいって、全然かわいくない。
でもまあそういうタッチの絵なんだし、可愛がっている様子はよく伝わってくる。

巻末にエッセイ付き。

*うちのハナはもっと可愛いモンね!うちのハナも「ブラックデビル」とあだ名されるほどの悪たれだけど!にゃはは~

(2007.10.17.)

松本英子『ウチのハナちゃん』

松本英子『ウチのハナちゃん』

松本英子『ウチのハナちゃん』

松本英子『ウチのハナちゃん』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ウチのハナちゃん』

  • 著:松本英子(まつもと えいこ)
  • 出版社:日本出版社
  • 発行:2007年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784890488445
  • 149ページ
  • 登場ニャン物:ハナ、テンちゃん、ねこ太
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

猫

うちのハナ、別名ブラックデビル。

松本英子『ウチのハナちゃん』

松本英子『ウチのハナちゃん』
8

猫度

8.5 /10

面白さ

7.5 /10

猫好きさんへお勧め度

8.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA