向田邦子『眠る盃』

向田邦子『眠る盃』

 

東京ど真ん中のアパートに、ライオン?。

1970年代後半に「文藝春秋」他で発表されたエッセイを集めたエッセイ集。
猫が出てくるのは数章、他は、犬の話とか、不思議なライオンの話など。
あとはごく普通のエッセイが集められている。

向田さんの愛猫、伽俚伽はシャムネコ、そしてマハシャイ・マミオとチッキイ夫人はコラットである。
このコラット夫婦は何回か出産している。
そのうちの1回は、親猫も見放すくらいに小さな小さな子猫たちだった。
向田さんは、
「猫の未熟児を育ててるから、締め切りを伸ばしてくださいとは言えないので、母が急病ということ」
にして、1週間寝ずに育てる。・・・

中野のライオンの話も面白い。
東京の中野である。
電車の窓から、アパートの一室にライオンを見たという。
確かに本物のライオンだったというのだが?

それから、短編だが、向田さんがはじめて漱石「吾輩は猫である」を読んだ話も面白かった。
私がはじめて読んだのも向田さんと同じ小学校5年生のとき。
理解したとはとても言えないながらも、わくわくドキドキしたのも同じ。
それまでの子供の本とはまったく違う世界に飛び込んで、それは胸躍るような体験だった。
強烈な印象を残した本だった。
猫好きは皆あの名著で同じ経験をするのだなと思った。

(2004.8.14)

向田邦子『眠る盃』

向田邦子『眠る盃』

向田邦子『眠る盃』

向田邦子『眠る盃』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『眠る盃』

  • 著:向田邦子 (むこうだ くにこ)
  • 出版社:講談社文庫
  • 発行:1982年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:4061317687 9784061317680
  • 254ページ
  • 登場ニャン物:伽俚伽(かりか)、マハシャイ・マミオ、チッキイ夫人
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

向田邦子『眠る盃』

6.2

猫度

5.0/10

面白さ

7.5/10

猫好きさんへお勧め度

6.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA