大久保京『猫本屋はじめました』

大久保京『猫本屋はじめました』

猫の本だけを扱う、日本初の猫本専門店。

今でこそ、猫本ばかり扱っている書店は複数あります。「猫本専門 神保町にゃんこ堂」(東京・神保町)、「Cat’s Meow Books」(東京・世田谷)と、本書の「書肆 吾輩堂」(福岡市)の御三家をはじめ、猫本専門とまでいかなくても、猫本専用棚を設けているとか、店内を複数の猫がうろついている本屋さんが増えてきたのは嬉しい限りです。

らに猫雑貨専門店や猫カフェにいたっては、あちこちに出来てきたといっても過言でない状況。

併設されている場合も多いです。本書「書肆 吾輩堂」は猫本と猫雑貨ですし、猫カフェには猫雑貨も置いてあるが普通です。

そう、世の中、猫ブーム♪ ずっと何年も猫ブーム♪

ですが、猫本専門店の第一号はこの書肆吾輩堂だったそうです。しかも作ったのは、書店経営も出版界とも無縁な主婦。職歴は、学芸員やアート系NPO法人勤務。仕事と育児に追われて忙しい毎日を送ってきましたが、「交通機関を往復八回乗り継いで通うには年齢的にそろそろ体力の限界を感じ」、猫本専門書店という20年来の夢をかなえる為に退職。一念発起で猫本専門書店開業に動き出します。

体力に限界を感じたからって、本屋も重労働じゃないの?あの重たい本を扱うのだから?・・・というツッコミは置いといて。

猫本屋を始めると言っても何をどうしたらよいのかわかりません。まずは勉強だと、東京や京都の古書店や猫の雑貨を扱う店を訪ねて回ります。つぎに商工会議所の起業塾で学びます。つぎに福岡県古書籍商組合連合会に加入し、さらにその「同人」という世話人役も引き受けます。

そして、いよいよ開業。といっても最初はネット書店で細々と。何もかも女一人での切り回し、大変そう、でもそれ以上に楽しそう。

その開業前後の経緯を書いた”Chapter1″が断トツに面白い章でした。その後のお勧め猫本紹介とかは・・・全部読んじゃっているし(にゃはは)・・・あとは座談会と吾輩堂日誌、それから・・・圧倒的な「猫本リスト」♪

この猫本リストがすばらしいんですよ!「小説・随筆・詩(国内)」「同(海外)」「アート」「写真集」「ネコロジー・ノンフィクション(国内)」「同(海外)「絵本・児童書・挿絵が美しん本(国内)」「同(海外)」に分類され、細かい字でずら~りと並んでいます。私がまだ読んでいない本もたくさん。めちゃ楽しみ~。

大久保京『猫本屋はじめました』

もうひとつ、うなずいてしまったのが、吾輩堂さんの理念。

  • 猫の素晴らしさを噛みしめ、その存在に感謝する人を増やすこと
  • 猫本を通じて読書の楽しさに目覚める人を増やすこと。特に子どもには早期に猫絵本を読ませ、猫好きにしてしまうこと
  • もともと本好きの人をもっと本好きにすること

まことに正しい理念だと思いませんか?うふふふふ。

【ホームページ】
書肆 吾輩堂 https://wagahaido.com/

大久保京『猫本屋はじめました』

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

ショッピングカート

目次(抜粋)

  • 巻頭カラーページ
  • はじめに
  • Chapter1 猫本屋はじめました
  • Chapter2 わだば猫本屋になる
  • Chapter3 吾輩堂の開業と逡巡の日々
  • Chapter4 吾輩堂が案内する猫本ワールド
  • Chapter5 吾輩堂日記
  • おわりに
  • 巻末 吾輩堂がお薦めする 猫本データリスト

著者について

大久保京(おおくぼ みやこ

2013年に猫本専門委エンターネット書店「書肆 吾輩堂」を開業。 (著者プロフィールは本著からの抜粋です。)

『猫本屋はじめました』

  • 著:大久保京(おおくぼ みやこ)
  • 出版社:株式会社洋泉社
  • 発行:2014年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:9784800304360
  • 222ページ
  • カラー口絵、モノクロ挿絵
  • 登場ニャン物:
  • 登場動物:
ショッピングカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA