柴田よしき『ゆきの山荘の惨劇』

柴田よしき『ゆきの山荘の惨劇』

 

猫探偵正太郎登場。

ミステリーに好まれる設定に、密室というものがある。
文字通り、ある部屋が密室という場合は勿論、孤島だったり、走っている電車の中だったり、・・・

また、この話のように、雪に閉じこめられた山荘だったり。

誰も入ることも出ることも出来ない状況で、犯罪が行われ、そして探偵役による犯人捜しが始まる。
土砂崩れで孤立した山荘、毒死、転落死・・・。
これは事故か、殺人か?

・・・というストーリー展開も、ミステリー界では、まあありがちな設定っぽいけど、

探偵役は、正太郎とトマシーナという2ニャンと、サスケという1ワンだという点が普通のミステリーと違う。
ワンワン、ニャンニャン、人間をしのぐ大活躍!

軽く読めるミステリーです。
この後、シリーズ化もされました。
動物と推理小説の両方が好きな方には是非お勧め。

【猫探偵正太郎シリーズ】

主人公の正太郎は、ペルシアもどきの雑種ネコ。ミステリー作家・桜川ひとみ宅に同居している。
桜川ひとみは、天然でお気楽な現代女性。これでミステリー作家が勤まるのかと心配になってしまうほど。正太郎の名前さえ、しばしば「クロちゃん」だの「タマちゃん」だの、適当な呼び名でごまかして平気である。

それに対し、正太郎は、日本語は完璧に理解し、文字も「まぐろ」くらいなら読めちゃう天才猫。人間顔負けの推理をして、殺人・殺猫事件の謎を解いてしまう。

『猫探偵正太郎シリーズ』はこちら。

(2002.4.10)

柴田よしき『ゆきの山荘の惨劇』

柴田よしき『ゆきの山荘の惨劇』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ゆきの山荘の惨劇』
猫探偵正太郎登場

  • 著:柴田よしき(しばた よしき)
  • 出版社:角川文庫
  • 発行:1998年
  • NDC:913.6(日本文学)長編推理小説
  • ISBN : 4043428057 9784334774844(文庫版)
  • 303ページ
  • 登場ニャン物:正太郎、トマシーナ
  • 登場動物:サスケ(チャウチャウ犬)

 

 

著者について

柴田よしき(しばた よしき)

1959年、東京生まれ。青山学院大学卒業。95年、初めての長編『RIKO―女神の永遠―』で第15回横溝正史章を受賞。幅広い作風で活躍している。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

柴田よしき『ゆきの山荘の惨劇』

8.8

猫度

8.5/10

猫活躍度

9.5/10

面白さ

8.5/10

おすすめ度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA