加藤由子『うちの猫にかぎって』

加藤由子『うちの猫にかぎって』

 

副題:誰も知らないキャットおもしろ生態学。

「雨の日のネコはとことん眠い」とセットで読んで欲しい本。

この本のほうが、加藤さんの猫キチ・親ばか度がさらにアップして、まさに本のタイトル通りだ。

たとえば「猫は芸術品である」の章(74p)。抱いた猫に顔をネコパンチされても、それさえも「たまらなく心地よい」。
そして、猫は芸術品だと惚れぬいている。

人間の実の子供に対して、このような賛美を書いたら気持ち悪いが、うちの飼い猫に対してなら、どれほど賞賛し賛美し称えあげても、少しも嫌みにならないどころか、ほほえましく美しく感じてしまうのは何故だろう。

しかしその一方で、猫にメロメロになりながらも、きちんと観察しているその目の確かさ。
教えられる所がとても多い。

猫初心者の方はもちろん、猫大ベテランの方も、是非読んでください。きっとますます、猫が好きになっちゃいます。

(2002.4.18)

加藤由子『うちの猫にかぎって』

加藤由子『うちの猫にかぎって』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『うちの猫にかぎって』
誰も知らないキャットおもしろ生態学

  • 著:加藤由子 (かとう よしこ)
  • 出版社:PHP研究所 PHP文庫
  • 発行:1991年
  • NDC: 645.6(畜産業・家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4569563945
  • 249ページ
  • 登場ニャン物: 多数
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • 第1章 猫は台所の王様
    • メチャ猫好きと猫とのかたーい絆
    • 百年の恋もさめる猫の食事マナー
    • その他
  • 第2章 茶の間の猫のウンチク学
    • タンスの上から見下ろす世界
    • 猫の言葉をよむ方法
    • その他
  • 第3章 ふとん、コタツの中の夢
    • 猫も楽しい夢をみる
    • 文明は大胆な寝相をつくり出す
    • その他
  • 第4章 縁側からのぞいた猫の世界
    • 神聖なるウンチ処理作業
    • 侵すべからず、猫の私的空間
    • その他
  • 第5章 知らない所でうちの猫は・・・
    • 猫の渡世のエチケット集
    • 猫のなわばりを探検!
    • その他
  • あとがき(旧版)
  • 文庫版へのあとがき
  • 解説 石坂啓

 

著者について

加藤由子 (かとう よしこ)

1949年4月26日生まれ。日本女子大卒。生物学(動物行動学)専攻。東京動物園協会依託・動物解説員。日本動物行動学会会員。動物関係のライターとして、各方面で活躍中。大のネコ好きで、ネコに関する記事も多く執筆している。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

加藤由子『うちの猫にかぎって』

9.5

猫度

10.0/10

情報度

9.0/10

お役立ち度

9.0/10

おすすめ度

9.8/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA