加藤由子『猫の幸せな生活』

加藤由子『猫の幸せな生活』

 

『猫たちが望む正しい飼い方・育て方』。

猫と暮らすための基本的な事柄が書いてあります。
猫と暮らす心得書みたいな本?

たとえば、猫の鳴き方というか、考え方。
『「エサをくれ」ではなく「何か食べたい」と言ってなく』
人間は、相手に何かを伝えたいときに声を出しますが、猫は自分の「そのときの気持ちが声になって出るだけです」。これは些細な違いのように見えて、実は猫を理解する上でとても大事な観点なのではないでしょうか。

たとえば、台所で足にすり寄ってなく猫は「何かちょうだい」と言っているのではなく「何か食べたい」「おなかがすいが」と言っているのです。
ドアの前でなく猫は「開けてくれ」ではなく、「ここにいるのはいやだ」です。「抱っこして」ではなく、「寂しい」。「あの猫は嫌いだ」ではなく単に「怖い」。つねに自分が感じていることを表現しているだけです。
これは、ムード・ランゲージといわれ、私たちの泣き声や笑い声、ひとり言などと同じです。
人になれている猫は、人の顔を見ながらなきますから、私たちは、はっきりとした要求をしているように解釈します。でも猫は、まわりにだれもいなくても同じようにないています。気持ちが高ぶると、それが声になって出てしまうのです。
page34

我々人間は、つい、人間固有の考え方に凝り固まってしまいがちです。しかもそのことに自分では気がつきません。
この本はそんな固い頭を解きほぐすのに役立つと思います。
人間とはまったく違う考え方感じ方をする猫という動物。
それなのに、こんなにも身近に存在してくれる猫たち。

特に、生まれて初めて猫と接するような方にお奨めの本です。

(2007.3.4.)

加藤由子『猫の幸せな生活』

加藤由子『猫の幸せな生活』

加藤由子『猫の幸せな生活』

加藤由子『猫の幸せな生活』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の幸せな生活』
猫たちが望む正しい飼い方・育て方

  • 著:加藤由子 (かとう よしこ)
  • 出版社:日本文芸社
  • 発行:2007年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4537017090 9784537017090
  • 222ページ
  • カラー口絵、モノクロイラスト(カット)
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • 猫とつき合う前に知ってほしい!
    • 猫はもともと群れを作らない夜行性動物
    • 猫は”なわばり”がないと安心できない
    • その他
  • 猫はこんな暮らしがしたい
    • 猫は自分のにおいがしないと不安になる
    • 新しい家に慣れるのは猫のペースにまかせてほしい
    • その他
  • 元気で暮らすためにこんな食事を!
    • 猫は肉食動物です
    • 人と同じものを食べていたら猫は病気になってしまう
    • その他
  • 手入れとしつけに、毎日気を配ってほしい!
    • 1日に一度はいっしょに過ごす時間が欲しい
    • 毛の長い猫には毎日くしを入れてほしい
    • その他
  • 猫の健康は飼い主にしか守れない
    • 体のぐあいが悪いときは飼い主が先に気づいて!
    • どんなに元気でもウンチは毎日チェックして
    • その他

 

著者について

加藤由子 (かとう よしこ)

大分県生まれ。日本女子大卒。
同大で動物行動学専攻。動物ライター及びエッセイスト。
著者に「かわいい猫の手入れとしつけ」「猫なんでも相談室」「うちの猫にかぎって」「雨の日の猫はとことん眠い」などがある。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

加藤由子『猫の幸せな生活』

7.8

猫度

9.8/10

面白さ

6.5/10

情報度

7.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA